セカンドストリートで服とスニーカーを売ったよ[買取価格公開]

スポンサーリンク

 

春っぽくなって来たので、そろそろ季節モノの服を片付けようと整理整頓。

いらない服をピックアップして、近所のセカンドストリートに売りに行きました。

捨てるくらいなら誰かがまた着てくれれば良いやと言った感覚で、幾らでも良いので捨てに行くのと同じ気分。

それでは気になる買取価格をどうぞ。

2ndストリートの買取価格

売った服

 

・STUSSYのポロシャツ 定価7,000円ほど

・BEAMSのチェックシャツ 定価7,000円ほど

・グローバルワークスのシャツ 定価3000円ほど

・トミーフィルフィガーのポロシャツ 定価4,000えんほど

 

 

・RAGE BLUEのショーツ 定価4,000円ほど

・Hurleyのショーツ 定価4,000円ほど

 

 

オールスターHI 定価4,000円ほど

 

どれも3シーズン以上来ていたモノで、ほぼボロボロだったり、かなり着ているモノばかり。

捨てても良いレベルだったのですが幾らになったでしょうか?

 

買取価格

 

STUSSYポロシャツ 700円

BEAMS シャツ 500円

その他の服 各200円

コンバース 500円

合計 2,300円

 

トミーフィルフィガーのポロシャツは、海外で買ったので日本の正規タグが無いので、買い取れないらしく返却でした。

それにしても、捨てようと思ってたモノ達が2,000円以上になるなんて恐ろしい…。

1枚100円位かと思ってたけど、ポロシャツなんか襟結構汚れてるのに700円。

思ったのは、ブランドはやっぱり強いと言う事

ファストファッションは、リセールスが弱いけど、ブランド物は古着でもかなり値段がついてしまうんでしょうね。

買うなら大事に出来る服がいいけど、ある程度のモノを手に入れてると後からでも融通聞きますね。

 

お土産にDOORSのシャツを購入

 

状態のいいドアーズのコットンシャツがあったので、1900円で購入。

汚れもほぼ無くて、サイズもジャストだったのでラッキーでした。

まんまとお店の意図にハマってるけどWinWinの関係も悪く無いので、お金を回すのは悪く無いと思います。

 

まとめ:捨てるくらいなら売りに行こう

 

今ならメルカリで売るのが一番手っ取り早いですが、どうしても安いモノを売るのは時間の無駄。

でも、捨てる位なら買取店に買い取ってもらうのが悪く無いと思います。

それで値段ついたらラッキーだと思うので、ぜひ捨てる前にセカンドストリートに売りに行きましょう。

関連記事:男の30代になって分かった「20代で買って良かった持つべきモノ」紹介

 

関連記事

BOOK OFF(ブックオフ)で文庫本を22冊売ってみたので買取価格公開

メルカリで本を高く売る方法!出品~梱包方法やおすすめの発送方法を紹介

スポンサーリンク