断捨離の大切さと片付けの魔法![モノを捨てる事で幸せになる]

スポンサーリンク

貯金はしたいけど、せっかくお金が稼げるのなら今まで買えなかったモノを買いたくなるのが社会人。

でもね、落とし穴なんですよね。

まずその「買い物必要ですか?」って話から、モノを捨てる断捨離の大切さを語ります。

断捨離の大切さ

物欲は一時的なストレス発散

 

お金があるとモノが欲しくなるのが人間。

何故ならこの世の中は、モノを作って売らないとみんなが潤わないので、せっせと物欲を掻き立てる宣伝で溢れてる

しかも、人間の中にある見えない見栄や憧れ、優劣などによって自分もあれが欲しい」と思わされてるんですよね。

・お金が払えないのに家を35年ローンで買う当たり前

・社会人になったら入る様な風潮のある保険。

・休みがあると行ってしまう旅や買い物

 

一歩下がって冷静に見れば必要ない事は分かってるはずなのに、「みんなが持ってるから」と買ってしまうんですよね。

タチが悪いのがストレスを発散する買い物

休みがない、毎日ツマラナイ、「でも、私はあれを買えば満たされる」って一時的な満足感で満たされようと無駄な買い物をしてしまいます。

でも、冷静になって部屋を見渡せば来てない服がいっぱいあるはず。

 

そして、いつか気付くんですよね。

「私同じ様なの持ってた」とか「いつも同じ服しか着てない」って事にね…。

悲しいけどほんとにそれが現実なんですよ。

 

一度手持ちのモノを整理してみる

 

そんな上の状態に当てはまる人は、まず自分の持ち物を把握してみる。

クローゼットの中から全部出して全部のモノを再確認

大事なのは、

・最後に使ったのはいつか?

・まだ使う事はあるのか?

・1年に何回使うのか?

この3つの事を考えてみましょう。

まぁこれを考える時点で8割以上が要らないモノに当てはまりますけどね。

 

本当に必要か考える

 

そして、ここが一番ポイントだけど不必要なものは、クローゼットに戻さない事。

一旦戻してしまうともうお終いで、来年もまた考えます。

決断は潔く、要るか要らないか?を考えましょう。

そして、ゴミ袋に入れてリサイクルショップに持っていく

まだ価値があるならメルカリで売っても良いのですが、めんどうだからと置いておくとまたスタート地点に戻ってしまう危険性があるので、潔く捨てるのがベスト。

特に1年間着てないような服やブランドはもう買わない事を誓いましょう。

関連記事:男の一人暮らしの節約ポイント紹介 5つのコツを押さえよう

 

断捨離すると本当に欲しいモノしか買わなくなる

 

残ったモノを観察すると自分の中でのお気に入りポイントが見えてくるはず。

私の場合、捨てるモノの共通点は

・セールで買ったモノ

・通販で買ったモノ

・人に貰ったモノ

特に多いのがセールで買ったモノなのですが、妥協したモノ選びは一番ダメ。

安いからと言って余りモノに手を出すとなんとなく使ってしまうんですよ。

大事に思えないし、お気に入りにもならないんですよね。

お陰でセールでの買い物やアウトレットでの販売に釣られる事はなくなりました。

あとスグに値段が下がるようなブランドのモノは買わなくなりましたね。

ユニクロなどの値段が下がるモノに関しては、欲しくてもセールの時し買わない。

 

そして、通販での服はいつの間にか買わなくなりました。

事前にお店で試着してサイズとか色が無かったなら仕方ないけども、これもセールしてて安いからと言って買ってしまうとまず着ません…。

サイズ感も素材感も分からない通販の服って、一番危険なんですよね。

ZOZOとかアマゾンでも、送料無料で返送できるけどかなりめんどくさいです。

 

最後に人からのプレゼントやお土産物

ごめんなさい。要りませんと言えれば良いけど、影でこっそりと捨ててしまいます。

リクエストしたものなら100歩譲って使えるけど、お気に入りじゃないモノは身に付けない主義なので、人から貰っても全くありがたくないんですよね。

プレゼントやお土産は、極力食べ物が無難だと思います

 

捨てると初めてストレスから解放される

 

本当に私も上に書いたような物欲の塊だったのですが、断捨離思考に出会ってからはモノが溜まらない様になるばかりか、お気に入りのモノ以外は手元に無い位にスッキリした暮らしを手に入れた。

モノを手に入れるってのも気持ち良いのですが、実はモノを捨てるって行為も相当気持ちよかったんです。

これに気づけた時のスッキリ感というと、本当に素晴らしかった。

そこからはモノを吟味しての大好きなモノに囲まれた生活。

お気に入りのモノなら高くても長く使えるし、凄く大切に出来るんですよね。

関連記事:男の30代になって分かった「20代で買って良かった持つべきモノ」紹介

 

物欲とストレスから解放されると貯金できる

 

貯金したくても、あれこれ欲しくなるのが人間らしい生活。

結局何が言いたいかというのが、「自分の中に芯を持って流されない生き方をしましょう」って事ですね。

テレビ見ても、SNS見ても、「新製品だ!欲しい」とか「あの人、またあんな高いの買ってる」なんて無駄に思ってしまうんですよね。

人の影響って受ければ受けるほどに損してしまいます。

まずは、情報の断捨離も必要な世の中ですが、周りのモノから整理していけば段々と思考も綺麗に整理できるようになりますよ。

 

片付けのマインドはこの1冊に

マジで人生を変えてくれた1冊。

この本のタイトルであるときめくと言う言葉にどれだけ共感させられたのか。

モノが増えて仕方がない人。

充実してるのに満たされない人は是非読んで見てください。

関連記事:手取り20万円でも100万円以上貯金出来た4つの節約テク[一人暮らし]

スポンサーリンク