野鳥の会の長靴を購入[男のサイズ感や履き心地をレビュー]フジロックや雨の日用に!

スポンサーリンク

 

フジロックに行くと雨が降る?可能性が高いと言う事で、ど定番である「野鳥の会」の長靴を購入。

軽量であり、履き心地も良いし、なによりも嵩張らないと高評価の長靴です。

実際に履いてみての感想やサイズ感などを紹介します。

野鳥の会の長靴を購入レビュー

 

普段全く長靴の必要性を感じる事がなかったのですが、今年はフジロックに参加するのでやっぱり長靴ないと雨降った時怖いよね〜と思って購入に踏み切りました。

正直それ以外のタイミングで履く事って言ったら、釣りとアウトドアのシーンかな?

大雨降っても車に乗るので正直履く事無いよなぁなと思いつつも、流石に雨降るとキツイのでね。

サイズは迷って3L(28cm)を購入

 

多分この長靴を買う人って、サイズをジャストにするかワンサイズアップ(+1cm)にするか迷われると思います

私も究極に悩んだ末に最悪インソール入れた方が、長距離歩くのも楽だろうしと思いワンサイズアップで購入。

普段履いてるサイズは、

  • スニーカー…26.5cm~27cm
  • ブーツ…26~26.5cm

 

今回購入したのは28cmの3Lと表記されたサイズです。

 

実際に履いてみてどうだったか?

 

余裕があると思いブーツ用の厚手の靴下を履いて試着

そうしてみると、かなりいい感じで思ったほどに前後に余裕も無くて良いサイズ感。

薄手の普段履く様な靴下だと少し余裕がある感じです。

それでも、結構余裕あってスカスカかと予想してたので、思ったよりジャストサイズはタイトになりそうです

あと足首の部分が結構細くなってますので、パンツやレインウェアなどをインする時は結構タイトだとシンドイかもしれませんね

 

 

いつも使ってるお気に入りのシダスのインソールを入れてみました。

26.5cm用に切ってましたが、問題なくピッタリイン。

厚手の靴下を履いたまま試着しても、少し伸びる感じもあって足にジャストな感覚があります。

正直27cm(LL)を買ってたらジャスト過ぎたかなと思うほどです

そして、明らかに柔らかすぎるゴム底の履き心地をしっかりした物にするインソールは、長時間の着用では必須に感じました

特にフジロックみたいな長時間立ちぱなしで、歩くイベントでは特に必須でしょう。

専用があるのでこれで十分かも。

 

特徴はやっぱりコンパクトさ

 

この野鳥の会の長靴の凄い所は、この柔軟性ですね

バードウォッチングでの移動の利便性を考えて開発されたアイテムなので、非常にコンパクトに仕舞えるんですね。

今までの常識を覆す邪魔にならない長靴です

 

 

長靴だからってイケてないデザインかと言われると、そこは否定できる位に洗練されたデザイン性とシルエットがあります。

  • 街で履いてもそこまで悪く無いデザイン
  • 野暮ったく無いタイトなシルエット
  • コンパクトになるので、カバンに入れて持ち歩ける

多分こんな理由で購入される方が殆どだと思います。

 

 

専用の袋に入れてしまうと、普通の靴と変わらないサイズ感になります。

朝の通勤時に履いて行って、帰りは雨が止んだので持ち帰るってのも苦じゃ無いですよね。

これ考えた人本当に天才ですね。

 

まとめ:普段からアウトドアやフェスにおすすめ

 

長靴にあった「ダサい、重い、保管が邪魔」って部分を全部払拭してくれた野鳥の会の長靴。

これがあれば梅雨時期も悪く無いし、アウトドアのシーンやフジロックみたいな夏フェスでも活躍する事間違いなしです。

macco
長靴欲しいけど…って考えてる人は検討してみてください

スポンサーリンク