[レビュー]グレゴリーのデイパックを購入!普段使いや夏フェスにバッチリな大容量サイズ

スポンサーリンク

 

夏フェスや移動用に少し大きめのバックパックを探してて、色々と見比べて迷った末に購入したグレゴリーの大定番リュックであるデイパック

26Lのちょい大きめで使いやすいサイズながら、645gとかなり軽量です。

楽天市場で半額で購入できたので、レビューと共に紹介したいと思います。

グレゴリーのデイパックを夏フェス用に購入

購入理由

 

今年の夏はフジロックに行くことが決定し、その後にサマーソニック東京遠征と少しまとまった荷物を持つ機会があるので、20L以上の大きめのバックパックを探していました。

普段あまり荷物を持たない方なので、大型の荷物はスーツケース一択。

でも、フェスだとか一人旅行だとかは、バックパック一択になります。

移動が多いと手ぶらが一番なので、両手フリーになるのがやっぱり便利なんですね。

 

グレゴリーに決めた理由

 

MIYATAKE
グレゴリーのデイパックは、長く愛されてるど定番アイテムという部分が気に入ってました

雑誌の特集でも、街の至る所でも目にする機会も多くて、非常にデザインもシンプルだし、長く使っても飽きない感じがしたのが購入理由。

40年以上の歴史を持つバッグってなかなか無いですからね。

これからも使い続けたいアイテムとして、飽きても中古市場はアツいです。

 

ここが良かった

26Lと1~2日にちょうどいいサイズ

 

普段の街の生活であれば15L位で良いのですが、着替えとかその他荷物の居る遠征とか登山、フェスになると流石に倍近い容量が欲しい所です。

そうなってくると26Lのデイパックはちょうど良いサイズ

 

 

フジロックで必要となる椅子や着替えに小物類入れても余裕があります。

 

PCポケット付き

 

嬉しいのが現代にアップロードされて付いた機能のPCポケット

別でわざわざケースに入れる手間が省けて、このまま入れておけると便利です。

 

軽量で疲れない

 

MIYATAKE
このデイパックがすごいのはとても軽量な所

同等サイズのアークテリクス アロー22が、1,100gあるのに約半分の重さです。(あちらは防水ジッパーとか生地が上部)

登山で使うわけでは無いので、耐久性よりも軽さを重視してこちらを選びました。

それでも、背負う部分のEVA素材のクッション入ってたり、バックルはしっかりと付いてたりと最低限以上の装備はあります。

 

デザインがいい

 

MIYATAKE
とにかくシンプルながら完成された形をしていますよね

これって長年愛されるアイテムに共通することだと思いますが、とても大事なことだと思います。

新ロゴに変わって生産国も変わりましたが、どうしてもこのバッグは経年劣化で中のコーティングが剥がれてくるので、匂いとか凄いらしいんですよ。

マニアでも無い限り絶対新しい方がいいでしょう。

 

ポケットは最低限

 

フロント部のここに少し深めのポケットがあります。

スマホや財布などの頻繁に取り出しが必要な物を入れるといいでしょう。

 

 

中を開けるとこんな感じでメッシュポケットがあります。

ここは大きく無いので、中でバラバラになって欲しく無い小物類をまとめるのがいいと思います。

 

中はこんな感じのポーチでまとめておいて、取り出しやすくするのがオススメです。

 

 カラーが超充実しています

今回購入したのはコーヒー色のブラウン系にライムのラインが入った物。

定番アイテムという事で、非常にその他のカラーも大充実しています。

黒やネイビーといった定番以外にも花柄やカモなどのワンポイントで可愛いものがあるので、定番と言えどそんなに被る事も少ないかと思います

 

背負いやすさや丈夫さ、雨対策も必要であればアロー22も検討してみてください。

 

まとめ

 

デザイン良くて、安くて、丈夫で、長く使えるものをお探しの方にはとてもお勧めのバックパックです。

普段使いから夏フェス、ちょっとした旅などに使いやすいので1つあれば非常に長く使っていただけますよ。

 

<追記>防水カバーも追加しました

 

雨の日用に防水カバーを追加購入しましたよ。

なんと864円で買えるので、同時購入お勧めです。

スポンサーリンク