ジャーナルスタンダード スリムマウンテンパーカーを春アウターに購入[レビュー]

スポンサーリンク

 

久々にアウターを購入した。

春らしく明るめの色で、軽めの羽織やすいのが欲しかったのだけど、ルクアに行って悩んでるとお気に入りのジャーナルスタンダードで見つけたマウンテンパーカーがちょうど良かったので買ってしまう。

シンプルなのにどこか上品であり、長く使えそうな一品です。

 

ジャーナルスタンダード スリムマウンテンパーカー

シュッとして綺麗目シルエット

 

羽織った瞬間の感想が、シュッとしてシルエットがとても綺麗

マウンテンパーカーのイメージだと、どうしてもアウトドア感が出てしまうのですが、これは完全に街でも違和感のないスリムボディ。

しかも、かなり洗練されたサイズ感がとても優秀で、秋から春までの長い期間使える設計のタイトアウターです。

使ってる素材がかなり良くて、ツヤ感があって呼吸感が半端ない。

 

【LASKA FABRIC】
VORTEX精紡を使用した、機能性とファッション性を持つ高品質素材。
「VORTEX」はエアーの旋回流を利用した、紡績法により生み出された新しい糸で、毛羽立ちが少なく、クリアーでコットンのような肌触り、優れた抗ピリング性と耐摩擦性が特徴。

こんな製法らしい。

 

デザインはアウトドアらしい機能的

 

掴みやすくて可愛いドローコードで、絞りやすいデザイン。

ボタンも綺麗に着けられてるので、見た目的にもオシャレにまとまってます。

 

 

胸にもポケットが設置されてます。

帰ってから気づきましたw

ここには、スマホとか入れとくと便利です。

 

ポケットは、シンプルにかぶせるタイプの2ボタン式。

下手にシェラデザインの真似して、野暮ったくなってないのが良いです。

あくまでも都会的なデザイン。

 

 

手首も絞れるようにマジックテープ仕様。

こう言う所もしっかりと手を抜いてないのが良いですね。

 

 

これも帰ってから気付きましたが、右の内ポケットも付いてます。

機能的だけど、こんなにもポケット要らないかもw

 

 

デザイン的には、フードも引っ張られすぎずに良い感じのサイズ感です。

多少の雨なら防げるみたいなので、街乗りの自転車で活躍しそうです。

 

サイズ感は日本のメーカーならでは

 

174cm 63kgの私で、ジャストMサイスでした。

ジャーナルは一般的な日本向けのサイズでイケるので、選びやすいサイズ感です。

素材のツヤ感が高級感を演出して街でも良い感じです。

 

カラーは今年6色展開

 

今年のモデルは、ブラック、ネイビー、ネイビーB、ピンク、グリーン、ベージュ、ピンクと6色展開。

迷いに迷って最近持ってないベージュを買いましたが、ネイビーBはかなり鮮やかで良い色です。

無難なブラックもいいですが、春らしいピンクやグリーンも視野に入れたいです。

 

まとめ:長く切れそうなライトアウター

 

値段的にも競合と比較しても買いやすいマウンテンパーカーの一つ。

秋から春まで3シーズン活躍するアイテムなので、ぜひこのタイミングで選ぶのに悪くない一品です。

ジャーナルスタンダードHP

(MIYATAKE)
特に他のブランドと比較しても、スリムな洗練されたシルエットと艶のある素材の高級感は特出してると思います。

関連記事

30代男の「20代で買って良かった持つべきモノ」紹介

2018.09.25

スポンサーリンク