[ドイツのお酒] カイザードーム ケラービールを飲んでみた

スポンサーリンク

 

お酒のやまやグループで見つけたドイツビール「カイザードーム ケラービール」を買ってみました。

普段ウィスキーばかりであまり家でビールを飲むことが無いのですが、映画鑑賞のお供に瓶ビール欲しいなと言う事で雰囲気交えて購入。

あまり海外のやつを買わないのでじっくり味わってみました。

 

カイザードーム ケラービールを飲んでみた

ドイツのビール

 

ビールの本場ドイツで作られているビール。

輸入元のやまやさんのHPから抜粋すると、

カイザードームブルワリーは世界遺産の街・バンベルクで1718年に創業され、その後バイエルン地方における最も重要な地位をもつビール生産者のひとつとなりました。

カイザードームとは「皇帝の大聖堂」という意味で、世界中から多くの人々が訪れる観光地・バンベルクの大聖堂は皇帝ハインリッヒ2世によって1007年に建造されました。

ブルワリーは100年以上に渡り、ヴォルナー一族によって所有されています。現在の会長であるゲオルグ・ヴォルナー氏は4代目となります。カイザードームは生産量の約65パーセントを60ヶ国以上に輸出しており、国際的にも非常に評価の高いビールです。

 

1700年代に創業って歴史凄い。

しかも、このケラービールは、無ろ過で仕上げてイーストやホップの薫り高いらしいです。

低温発酵後、2度以下で熟成させた独特のビールという事。

ビールにはそんなに詳しく無い私でも、飲んでみたいと思う直感が働きましたw

 

飲んでみた

 

ちょっと泡の量が多い買ったけど、色はちょっと濃いめですね。

その分少し辛口な感じですが、よく飲むビールに比べて炭酸が少ないので“シュワー”って広がる喉越しはありません

 

 

でも、香りがしっかりと広がって美味しいんですよ

本場のビールってこんな感じなんだなぁと思いながら2杯目。

 

 

セブンの枝豆が進む旨さ。

普段とは違う物を食べたり、飲んだりする事で、何か違う1日が過ごせたら良いなと思う週末です。

 

こちらで買えるみたいです

 

スポンサーリンク