フェイスタオル&バスタオルを半年で買い替えしたよ[寿命や替え時に思う事]

 

今年の1月に今治タオルを入れ替えてから8ヶ月。

そろそろゴアゴア感が目立って、汚れや解れが気になる様になったので買い替えました。

タオルを使う上で思う事や買い替えのタイミング、長持ちさせる方法、洗濯の仕方のポイントなどを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フェイスタオル&バスタオルを半年で買い替えしたよ[寿命や替え時に思う事]

家のタオルを新品に買い替え

 

  • フェイスタオル2枚
  • ビッグフェイスタオル2枚(バスタオル用)

今回は、白のタオルを4枚購入しました。

 

 

前回タオルを買い替えたのは1月のタイミング。

今治タオルのフェイスタオルとバスタオルを3枚ずつ持ってたのですが、3日でローテーションすると月に10回ずつ使って約80回…。

そろそろ、色が褪せてきてるし、新品の時の肌触り感も無いし、汚くなってきたので思い切って買い替えました。

 

タオルの買い替え時期に思う事

 

  • 生地のしっかりしてるタオルは使い心地は良いが、乾くの遅くてストレス。
  • 色の付いたタオルは、汚れが分かりにくいのでストレス
  • 安物の薄っぺらいタオルは、全くもって使えない
  • バスタオルは、洗濯の邪魔なので使わない

主に自分の中でのタオルを買う時の基準はこんな感じです。

 

特に乾きの悪いタオルと、スペースを取るバスタオルに関しては除外したいと思ってます。

バスタオルなんて無くても体は拭けますからw

かなり洗濯物のストレスになる存在だと思います。

 

今治タオルは良いのか?

 

高級タオル=今治タオルの感覚もあるのですが、誰にでも合うのは間違い。

個人的に肌触りが好きで使っていますが、結構洗濯をミスるとゴアゴアになり易いんですよね。

特にドラム式で乾燥機使わずに干した時なんて、使い物になりません。

繊維が全部寝てしまってるので、それを起こさないと本来の使い心地が戻らないらしいです。

でも、安いタオルはそもそもの繊維が細いのか短い?ので、洗濯方法あまり関係ないんですよね。

やっぱり服もそうですが、品質の良い物は品質を保つ為のメンテナンスがめんどくさいんですよね。

使い心地を選ぶと、ある程度のメンテナンスの手間は必要という事です。

 

ホテルスタイルタオル

 

今回は楽天セールで安かった品を購入。

40cm×100cmのビッグフェイスタオルと言う個人的に使い易いサイズ。

普通の服のハンガーに掛かりながらも、フェイスタオルよりも吸水力抜群の使い勝手。

ある程度のボリュームがありながらも、サイズ的に邪魔にならないのが好感度が持てます。

 

 

繊維のボリュームでのフカフカ感がありますが、今治タオルの様な柔らかさは感じられません。

そこが洗濯した時に失敗が少ないポイントです。

 

汚れがわかるオフホワイトを選ぶ

 

個人的に白が好きって理由の中に汚れが分かり易いって事があります

黒色と白色のTシャツを買って、ずっと来てても白は早々に黄ばんで来ても、黒は色が抜けるまで気になりません。

でも、実際はかなり汚れてるんですよね。

あまり汚れの蓄積するまで使うのって好きではないので、ある程度汚れが見える色ってのが選ぶポイントになってます。

 

バスタオルって実は家事の敵ですよ

 

バスタオルって60cm×120cmとかあって、体を拭くには良いのだけど実際に洗濯する側からするとめっちゃ邪魔ものですよね。

  • でかいので無駄に干すスペースが必要
  • 乾くのに時間が掛かる

ドラム式洗濯機を使っていても、乾燥時間を長くするのはバスタオルなんですよ。

もう、邪魔でしょうがない。

でも、冷静に考えるとフェイスタオルで拭けない事も無いし、2枚あれば十分に拭き取れます。

フェイスタオル2枚ならサクッと干せるし、乾くのも早いです。

お風呂に入ったらバスタオルって言う常識的な価値観に囚われなければ、非常に家事は楽になりますね。

個人的には、細長い40cm幅位までのミニサイズがお気に入りですね。

 

タオルって替える基準が難しいので、自分のルールを作るのがお勧め

 

タオルを山ほど持っていて、同じものを5年使う人も居れば、私みたいに半年や100回洗濯位で交換する人もいますよね

一体どれが正解なのか分かりませんし、特に正解もない気がします。

使い心地なんて気になる人には気になるし、気にならない人なら拭ければ良いって感じでしょう。

これに関しては、自分の尺度を作って持つ枚数と交換時期を決めてしまうのが良いんじゃないでしょうか?

私の場合はほぼ毎日洗濯するので、MAX4枚まで持っていて、100回程度の洗濯で交換って感じにしています。

使い方一つでストレスも無くなるアイテムなので、ぜひ自分の中でマイルールを作ってみましょう。

 

関連記事

スポンサーリンク