[DIY]ザビートルのエアコンフィルターを交換!わずか5分で空気が綺麗になる

 

本格的な夏が来て車のエアコンもフル稼働中。

今年も綺麗な空気を循環させたいので、エアコンのフィルターをDIYで自分で交換しました。

慣れると5分も掛からない超簡単な作業なので、ディーラーで工賃を払うなら自分でやっちゃいましょう。

写真でやり方を紹介です。

スポンサーリンク

[DIY]ザビートルのエアコンフィルターを交換!わずか5分で空気が綺麗になる

車のエアコンフィルターは年に1回は交換がおすすめ

 

エアコンのフィルターは、消耗交換部品となっています。

使えば使うほどに汚れを吸い取り、フィルターに汚れは溜まります。

フィルターに汚れが溜まると、今度は出て行く空気が汚れてしまうので使ってるうちに匂いが気になる様になるんですね。

特にエアコンの使い始めの時期なんかは、いつもと違う匂いがして敏感に感じるかもしれませんが、乗り続けていると匂いに慣れてしまうので気づかない人も多いはず。

他人の車に乗ると非常に分かりやすいのですが、本当に汚れやカビなどの付着した風は臭いですからね。

 

交換目安としては、

  • 1年周期での交換
  • 10,000kmでの交換

このどちらかで定期交換するのがお勧めです。

私は年に5,000kmしか乗らないので、毎年梅雨明けのタイミングで1年交換しております。

 

ザビートルのフィルターはここにある

 

ザビートルのエアコンのフィルターがどこにあるかと言うと、助手席側の足元の上部に設置されております。

分かりやすく言うとグローブボックスの下にあるウレタンのクッションの中に隠れているんですね。

とても簡単に交換できるので、交換手順を紹介します。

 

用意するもの

  • 交換用のフィルター
  • マイナスドライバー

 

フィルターは、アマゾンや楽天で2600円ほどで売ってます。

※購入の際は、ご自分の型番をご確認ください。

 

交換の手順

1.マイナスドライバーでカバーを外す

 

赤で丸してる部分にプラスティックのネジがあります。

ここをマイナスドライバーで外していけばカバーが外れます。

座席を一番後ろに下げて、頭を突っ込んだ感じで作業するのがお勧めです。

 

 

外れたカバーはこんな感じです。

私の車にはフットライトを取り付けてますので、穴を開けて加工しております。

 

2.奥にあるフィルターのカバーをスライドさせて外します

 

一番奥の方に長方形のプラスティックのパーツが突出しております。

エアコンのフィルターを固定する為のパーツなので、そちらを左右に動かしてみるとツメが外れてから取り外せる様になります。

 

 

こちらが外れたカバーです。

分からない方は、こちらのパーツを探しましょう。

簡単に外れるので、そのままエアコンのフィルターも一緒に取り外せます。

この時に注意して欲しいのが、フィルターの向きです。

取り付ける際に迷うので、必ず向きだけは覚えておきましょう。

 

3.フィルターを取り外す

 

カバーが外れたら簡単にフィルターも取り出せますので、一応汚れのチェックだけ。

1年も替えてないと、ゴミの状態を見て吸ってた空気が嫌になるでしょうw

 

 

左が1年使用後の状態で、右が新品です。

 

4.逆の手順で取り付け

 

新品が綺麗な事を確認して、逆の手順で取り付けます。

取り付けの際に注意するのは、フィルターの左右の向きだけです。

めんどくさいので写真撮りませんでしたが、カバーを取り付ける際には先にネジを止めてから、カバーを綺麗にしまえば簡単に止める事が出来ます。

慣れれば5分もあれば出来ますので、ぜひ次回からDIYで作業してください。

 

ザビートル関連記事

VW ザビートルに乗って5年 乗り心地や維持費/燃費/故障歴などを紹介[2019年生産終了]

2019年6月23日

[2019年生産終了]ザビートルを買うならVWディーラーの認定中古車はお勧め[経験談]

2018年1月6日

スポンサーリンク