韓国の地元の味を釜山のわかめスープ専門店で食べてみた「五福ミヨッ南浦店」

スポンサーリンク

 

韓国の出張の観光の際に現地の取引先の方にどうしても本場のワカメスープを食べて欲しいと言われ、韓国の地元民の集まるお店「オボッミヨッナンポチョム」というお店に連れて行ってもらいました。

国際市場やチャガルチ市場から歩いてすぐの所にあるので、観光中の昼ごはんにもお勧めです。

 

五福わかめのワカメスープ

お昼時のお店は大繁盛

ちょうどお店に着いたのは1時前。

昼のランチタイムとあって、広い店内なのに2組待ちの行列が。

しかも、日本人の姿もなく、ほぼ地元民と観光客だけと言った感じです。

観光地から近い立地なのに珍しい事ですね。

それだけ観光客にとってはメジャーでも無い場所なんでしょう。

ワカメスープをわざわざ食べに行くと言うほど、韓国ではメジャーな物なんですね。

韓国=辛いモノか焼肉のイメージなんですが、新鮮な気分で行って来ました。

 

 

15分待ちで席着けました。

そこからメニューをオーダー。

・カレーワカメスープ

・貝ワカメスープ

・肉ワカメスープ

・アワビワカメスープ

 

全て定食となっており、この辺りがほぼ1000~1500ウォンです。

私は貝が基本的に無理で、魚の方にも貝のエキスが入ってたら嫌なので肉を注文。

 

 

 

オーダーしてからさらに5分ほどでスープが到着。

写真でも分かる通り、グツグツ煮えた状態で熱々のスープ。

 

 

これで4人分の定食。お代わり時自由なので、無くなったらすぐに追加してくれます。

韓国は何処に行ってもサイドメニューが多いのが特徴。

写真には無いですが、ご飯もあります。

 

お味は?

 

熱々すぎるので、最初は全く食べられませんw

まずはスープを啜るとなんとも濃くて香ばしい味。

周りの皆さんが食べてる貝やカレーはそれ以上に濃厚らしい

旨味エキスたっぷりで、とにかく栄養分が高いスープ。

サイドメニュー含めて美味しいです。

 

ただ問題があるのが、想像以上のボリューム。

こんなにワカメ要らねーよ!と思うくらい入ってて、スゲー飽きてきます・・・。

半分食べた時点で拷問かと思う位にワカメが嫌いになった。

量としては全然イケるのですが、味の単調さが辛い。

しかも、ワカメこんなに食べたく無い。

 

結論:2人で1つがお勧めです

あまりに量が多いので、ほんとにワカメスープが好きじゃなければ2人で1つ注文するくらいの量がぴったりだと思います。

これほぼ全員が半分近く残したので、美味しいんだけど日本人にはちょい辛いかもね。

本場のワカメスープを食べるならお勧めだけど、どうせなら全部食べてスッキリして帰りましょう。

それにしても韓国の女性はよく食べますね。

周りの女の子の食べ方が豪快ですごかった。

 

お店の住所

住所:釜山市中区(チュング)南浦洞2街(ナンポドンイーガ)25-10

営業時間:8:00-22:00(ラストオーダー21時)

 

スポンサーリンク