オートグリム アクアワックスをVW車に8年使い続けたレビュー[簡単洗車]

スポンサーリンク

 

天気がよいのでザビートルも3週間ぶりの洗車。

VWに乗り始めてから8年ずっと使い続けてるのが、オートグリムというメーカーの液体コーティング剤「アクアワックス」という製品。

濡れた状態で簡単施工出来て、耐久性も艶も十分出るのでとてもお気に入りのアイテム。

洗車好きには根強い人気のオートグリム製品の中でも使い勝手のいい「アクアワックス」を紹介します。

オートグリム アクアワックスで洗車

オートグリムとは

英国のメーカーで、英国王室御用達の洗車用ケミカル

ジャガーやアストンマーチン、マクラーレン、ロータスなどの正式カーケア用品になってるほどのクオリティ高い製品を作っています。

 

アクアワックスは濡れたまま使える

 

MIYATAKE
アクアワックスは洗車後のボディが濡れた状態で使えるお手軽ワックス

私の場合は、マイクロファイバークロスで軽く全体的に拭き取ってから施工します。

そうする事で余分な水分を吸収する事なく、滑りも良く施工することが可能となります。

洗車機の場合でも、吹き上げ時にこれをスプレーするだけでOKです

 

 

MIYATAKE
ドアパネル1面に対して、シュッと2回スプレーして拭き取るだけ

ボンネットやルーフは片側2プッシュ位で大丈夫です。

液体ワックスは濡れた状態なら、少量でも十分に広がりますのであまり塗りすぎないのがポイント。

 

窓ガラスにも使えます

 

MIYATAKE
フロントガラスやサイドガラスにも施工しています

フロントガラスは、ガラコの方が撥水性はいいのですが、どうしても油分が気になるので試しにアクアワックス施工したらとても視界良好で、十分な撥水性を発揮してくれました。

耐久性はガラコの方が上なので、マメに洗車して、マメに施工するのがオススメです。

 

1本で2年くらい持ってます

 

MIYATAKE
月に1−2回洗車する頻度で、余裕で2−3年は使えます

4000円くらいしますが、かなり量入ってますのでコスパはいいと思います。

実際に終わりの方は、クロスがコーティング剤を吸ってるので、スプレーしなくてもクロスで拭くだけでも十分にコーティングされるんですね。

 

青空駐車はマメに洗車するしかない

 

大阪に住んでからはずっと青空駐車場なので、常に野ざらしで自然の猛威を受けます。

買った頃は気が気じゃなくて、色々とコーティングとかも考えて洗車ケミカルも色々と買いまくったのですが、最終的にマメに洗車して、簡易コーティングするで落ち着きました。

1年に1回はCPMのエクスシールドという硬化型ガラスコーティング剤を塗っているので、ベースのボディーの状態は作ってはいるのですが、やっぱり日々のケアのマメさが大事だと思います。

なるべく1回の洗車時間を抑えて、手早く仕上げるのがポイントです

あと青空駐車の場合は、濃紺系の色を買わないのがポイントですね。

前のゴルフがネイビーのメタリックだったので、洗った次の日に雨降って泣きそうでしたw

 

 

使ってる洗車グッズ

今回紹介したアクアワックス

シャンプーはシュアラスター

スポンジは、これが柔らかくて使いやすいです

濡れた状態での拭き取りはこれがあると便利

最後の仕上げにフワフワのこのクロスで拭けば鏡面仕上げでピカピカです

1年に1回は粘土で鉄粉や細かい部分の汚れを落としています。

まとめ:車なんて汚れるのだから丁寧さよりもマメさが大事

 

車は外を走るので汚れてしまう運命にあります。

毎回きっちりと汚れを落として、パーフェクトにピカピカにしたい気持ちはわかりますが、またすぐに汚れてしまいます

もう心が折れてしまうので、なるべく簡単に洗車できる方法を考えて、それで最大限に艶が出て、綺麗になるのがアクアワックスでした。

如何に洗車を効率化して、車を綺麗に保てるようにすればストレスの少ないカーライフを過ごせますよ。

 

関連記事

VW ザビートルに乗って3年 乗り心地や維持費/燃費/故障歴などを紹介するよ

2017.11.05

ザビートルを買うならVWディーラーの認定中古車はお勧め[経験談]

2018.01.06

スポンサーリンク