ジェイソンマークとコンバース(キャンバス生地)の相性はイマイチ…[洗ってみた]

スポンサーリンク

 

スニーカー好きに人気の洗剤「ジェイソンマーク

私もスニーカーだけで、30足以上持っていて、かなり洗う頻度も高いので結構使います。

でも、コンバースのキャンバス生地だけは正直あまり効果がないんですよね。

実際に使って見た様子を紹介します。

ジェイソンマークでスニーカーを洗う

ジェイソンマークとは

2007年に設立され、世界30ヵ国2,000店舗以上のスニーカーショップやセレクトショップ、百貨店などで取り扱いされているスニーカーアクセサリーブランド【JASON MARKK】。

これまで、お気に入りのスニーカーを安心してクリーニングできる洗剤がなくスニーカーフリーク達の頭を悩ませていた中、強い化学薬品や研磨剤を含まず、独自の配合により、効果的な洗浄力で汚れを落とす事ができる【PREMIUM SHOE CLEANER】を開発。

98.3%天然素材で、環境に優しく、様々な素材に安心して使用できることで、スニーカーコレクターやメディアの間で話題となり、世界中で信頼されるスニーカーアクセサリーブランドとして、不動の地位を確立しています。

要はスニーカーに優しい洗剤です。

スニーカー専用の良い洗剤ってなかなか無いんですが、これは世界中で評価されてるって事でスニーカー好きの人にはとても人気の商品なんですよ。

 

実際に洗ってみる

 

10年近く履いてるオールスターHIのゴールド

汚れなのか、劣化なのかもう分からないくらいの年季が入ったボロボロのスニーカー。

最近は年に数回しか履く事は無いけど、代用がないのでまだまだ大事にしたいやつ。

 

 

所々黒ずんだ汚れが目立ちます。

キャンバスなので、ほとんど滲んでるというか、もう染まってる感じです

 

 

全体的にもうかなり使い込んだ感じで、汚れというか年相応の年季。

ソールの汚れくらいは少しマシになるでしょう。

 

ジェイソンマークで洗う

 

用意するもの

・ジェイソンマーク洗剤

・ブラシ

・ボウルに張った水

・タオル(古いTシャツでOK)

 

手順としては、

1 ボウルに張った水にブラシを浸す
2 適量のソリューションをブラシに付ける
3 ブラシを再度水に浸す
4 泡立たせながら汚れている箇所をブラッシングする
5 布かタオルで泡をきれいに拭き取り、必要に応じてこの工程を1~5回繰り返す
6 自然乾燥させる

こんな感じですね。

ポイントとしては、事前に簡単な汚れはブラッシングで落としておく事。

洗う時に洗剤をつけすぎない。

状態を確認しながらブラッシングを進める。

 

洗い終わり

 

左が洗う前。右が洗った後。

ソールのラバーが、白くなってるのが良く分かりますね

でも、残念ながらキャンバス生地に付いた染みみたいな汚れは全く落ちません。

スエードとか革とかの方が効果は感じやすいのですが、キャンバス生地に関しては染みやすいので、漂白剤を浸け置きして洗った方が綺麗になると思います。

ただ洗いすぎると、生地を傷めやすいデメリッドもありますので頻度に要注意。

 

 

こういったソール部分やレザーやナイロン系の素材の汚れは、比較的よく落ちると思います。

でも、使い込んだオールスターは浸け置きが最強ですね

関連記事:コンバース オールスターの洗い方。浸け置きと激落ちでスニーカーは白くなる

 

まとめ

 

あまりに高評価すぎる洗剤なのですが、どうしても相性の悪い素材はありますよね。

コンバースのオールスターを綺麗にしたいという方には、ぜひ普通の洗剤とブラシを使って磨いて貰った方が費用対効果が高いと思います

何よりもこの洗剤高いので、落ちなかったらショックですからね。

 

 

NBなんかは結構綺麗に落ちるので、スニーカーによって使い分けて貰うのが良いと思いますよ。

関連記事

スポンサーリンク