コンバース オールスターの靴紐をコットンに替えるとおしゃれだよ[裏ワザ]

スポンサーリンク

 

コンバース大好きな私のチャックテイラー風にする裏ワザ紹介。

今回は定番の靴紐を替えるだけで、見た目が一気におしゃれになるコスパのいいネタです。

汚れたタイミングで、これを試して貰うとめっちゃ見た目が変わって良いですよ。

コンバースの靴紐をコットン素材に替えてみる

 

こちらどこの靴屋さんでも売ってる、定番のオールスターのハイカット

5年以上履いてるのですが、定期的に洗ってるのでかなり見た目は綺麗です。

ただ靴紐はかなりクタって来たので、今回洗うタイミングで思い切って替えてみました。

 

this isってブランドの「Athletic Shoe Laces

 

オールスター好きには定番の?コットンシューレースです。

チャックテイラー時代に採用されてた、古き良き靴紐を再現したコットン100%の靴紐。

白ではなく「生成り」なのもポイント。

 

 

MIYATAKE
定番についてるポリエステルの太い紐とは違って、細くて厚さのしっかりあるコットン素材の風合いがヴィンテージ感を出してくれます

 

 

実際に通してみるとこんな感じですね。

MIYATAKE
ポリエステルだと表面の繊維が目立つのですが、コットンだとめちゃくちゃ自然に落ち着いた雰囲気を出してくれます

 

 

何故か普通の定番カラーが、一気に高級感のある復刻モデルの雰囲気になります。

これは生成りだけじゃなくて、他のカラーでも一緒。

 

 

これは最近人気の100周年モデルですが、同じ生成りでも安っぽいですよね。

 

 

雰囲気が変わるだけで、ここまでも靴の印象が変わるのは不思議ですよね。

ちょっとした違いなんですが、細かいパーツをアップデートするだけで見違えるほどに変わります。

 

色を変えるのも効果的

 

これなんかは最近買った黒のCT70ですが、通常付いてる白のコットン靴紐から黒のコットン靴紐に替えました。

黒×黒でブラックアウトする事によって、ここまで一体感が出て引き締まるんですよ。

 

 

少し重くなりますが、定番とはまた違った色を出せるのでこれはかなりアリですよ。

 

日本製もコットン靴紐です

 

ちなみに私の大好きな日本製のオールスターも最初からコットン靴紐がついてます

キャンバスの目の細かさや全体的な作りの良さのある日本製の味を引き立てるのにも一役買ってますね。

 

CT70もコットン靴紐

 

ここ数年日本で大人気の海外限定モデル CT70も70年代の復刻版という事で、最初からコットンの靴紐がついてます。

このモデルは全体的なディティールが最高なので、手に入り難い事と偽物が出回ってる事以外はマイナスポイントがないですね。

 

替えるタイミングはいつがいい?

 

靴紐を替えるって結構面倒です。

私も正直めんどくさいのですが、やるとしたら2パターンだけ。

・買った時

・洗った時

このどちらかですね。

特に履いたモデルに関しては、段々と紐の汚れが気になるので洗うタイミングで替えたくなります。

そんな時の為に楽天でまとめ買いしておきます。

いつも楽天のショップで買ってます。

ローなら45インチで、ハイカットなら54インチを選んでください

 

脱ぎ履きのしやすさなら丸紐がおすすめ

 

ハイカットは脱ぎ履きがめんどくさいよ」って方には丸紐がおすすめ。

摩擦が少ないので、一瞬にして紐が緩まる魔法のアイテム

これだけで日々のストレスが無くなるなら安いもんですよ。

紐の長さの選び方は、

  • オールスターOX(ローカット)には、120cm
  • オールスターHI(ハイカット)には、150cm 

 

まとめ

 

靴紐はただ縛るだけじゃなく、ちゃんと見た目の要素も大事になってます。

靴に飽きた時や汚れた時には、ぜひ今回の裏ワザを試してみてください。

関連記事

スポンサーリンク