京都市植物園 穴場のイルミネーションを見に行ったよ[観光・デートにおすすめ]

イルミネーションの穴場ってどこか無いのかな?と探してたタイミングで、以前に行った事のある京都市植物園で期間限定でやってると言う情報をGET。

あそこなら広いし、あんまり人のいる気がしないのでクリスマス前の3連休中日に行って来ました。

全体のイルミネーションの写真や感想などを含めて紹介します。

京都市植物園 穴場のイルミネーションを見に行ったよ[観光・デートにおすすめ]

京都府立植物園で楽しむ季節の植物 [穴場の公園は紅葉の観光・デートにおすすめ]

2018年11月7日

10月に行った京都市植物園。

ここで12/15~25の期間限定で夜間のイルミネーションをやってると言う事で行って来ました。

入場料は昼間と変わらず、何と200円のままです。

17時30分夜間の入場開始

到着したのは夜間の開演が始まった17時40分頃。

小雨の降る中、既に20人ほどが券売機に列を作っててました。

200円の入場券を買い、中に入ると結構な数の観光客が入ってました。

と言っても植物園の敷地は広大で、人が居てもかなり広いので気になりません。

ただイルミの周りは立ち止まったり、三脚立てて撮影してる人が居るので若干混雑を感じました。

 

噴水と樹木のイルミネーションがお出迎え

北山門から入場したので、すぐ目の前にある大きな樹木が噴水と合わせて幻想的な景色を演出。

このベストスポットでも、そんなに撮影者で混んでるわけじゃないのでイルミネーションのイベントとしてはかなり空いてる印象です。

 

くすのき並木

奥に歩いて行くとちょっとの間暗いのですが、すぐにイルミネーションで装飾された並木道が現れます。

 

色がどんどん変わって行く演出で、かなり幻想的な景色が見れてかなり綺麗でした。

ここが一番の見所だと思いましたね。

 

ちなみに昼間も雰囲気がいいので、人も少ないここはお勧めです。

 

様々なイルミネーションが見える

奥に行くと様々な形のイルミネーションが見えます。

クリスマス的な雰囲気を出してあったり、記念撮影用のスポットまで用意されています。

 

ポインセチア展と観覧温室の夜間開室

昼間は別料金の温室が無料で開放されていました。

中に入りましたが、人で混みまくってたので写真を撮らずに目で見て楽しみました。

主に熱帯雨林の植物とか人気のサボテンだったり、結構珍しい植物が多かったです。

クリスマスの花「ポインセチア展」と言うのもあって女性に人気でしたね。

 

まとめ:広いので人がそこまで気にならない穴場的イルミ

あの植物園だしそこまで期待していませんでしたが、200円でこれだけ見えるのなら大満足のイルミネーションでした。

ベンチも多く、カップルでも、家族でもゆっくりと人を気にせずに楽しめる植物園。

  • 広いので並んだり、時間制限されないのでゆっくり見える(撮影できる)
  • 一人でも、カップルでも、家族でも行きやすい場所
  • 温室は暖かいので外が寒くても大丈夫

並んだり、撮影を制限される事もないので、人混みが嫌って人にはお勧めの場所だと思います

 

今回使ったカメラ

カメラ:オリンパス E-M10

 京都観光関連記事

スポンサーリンク