メルカリでCT70の偽物が届いたので返品するまでのドラブル話[詐欺]

スポンサーリンク

 

みんな大好きフリマアプリのメルカリで詐欺に逢いそうになりました。

コンバースの海外限定モデル「CT70」を購入したら、届いた商品が写真と全く違う偽物。

非常に困ったので、トラブル解決までの流れをまとめてみました。

メルカリで偽物が届いた時の対処法

購入したもの

 

少し前にメルカリで買ったコンバースの限定モデル

海外のみで売ってるので、手に入らない日本では非常に希少価値の高いモデル。

それ故にメルカリやヤフオクでは高値で売られています。

私も海外に行った際は毎回購入してるのですが、定番の黒が毎回手に入らないので、メルカリに大量に出てるのを見て買ってしまいました。

 

写真も文章も本物表記なのに

 

購入した時の説明文に「韓国購入の正規購入です」と書かれていまして、写真をみる限りでは間違いありません。

他にも同じ商品を何個も出していると、評価もオール「良い」だったので購入

商品も翌日には出荷されて、何も問題ない様に取引は進んでました。

 

商品が到着すると写真と違う…

 

そして、2日後に商品が到着しました。

なんか開けた時から違和感のある紐だと思ってましたが、細かくみるとなんか違うんですよ。

 

 

手元にある本物と比べると、細かい部分があまりにも違います。

ヒールのロゴやインソール、ヒールの高さも全然違う。

紐の素材も違えば、めっちゃ作りが荒いし、韓国の正規品にあるべき韓国表記も無い…。

これは偽物じゃない??と思ってネットでググると…

 

 

偽物が存在するという事に気づかされました。

しかも、特徴を見ると「もう偽物じゃん」って位酷い作りです。

関連記事:CT70の偽物と本物の違いは?見分け方紹介[メルカリ注意] 

出品者に連絡

 

とりあえずストレートに「偽物ですか?」と責める事はできないので、外堀を埋めるつもりで変化球勝負。

本日商品が到着しましたが、出品時の写真と異なる部分が多数ありました。

私の所有する正規品ともヒールのラベルやインソールが異なるのですが、こちらは本当に正規品でしょうか?

緩く偽物じゃないか?と投げかけました。

そうすると先方からは「韓国の正規品です」との回答と共に何故か「返品も受け付けます」と書かれていましたw

しかも、最初に見た時には大量に同じ靴や服などが出品されてたのですが、このメッセージが届いた時には、全部削除されてましたよ…。

これは、どう見ても確信犯ですよね

 

次のメッセージで事務局に

到着した商品が写真と異なる仕様になっていました。

出品者も返品に応じるという事なので、キャンセルしたいのですがどうしたら宜しいでしょうか?

この様な問い合わせを行いました。

そうすると以下の文章が帰って来ました。

①購入者が出品者に商品を返品

②出品者が手元に到着した商品の連絡をする

③どちらかが事務局に返品完了のお知らせと取引キャンセルの要望を送る

④事務局から返金処理と取引のキャンセルの連絡で終了

こんな流れですね。

 

出品者から早々に返品先の住所が送られて来たので、速攻着払いで送り返します。

出品者のミスなら、必ず着払いで返せる様に話し合いましょう。

 

返品完了

 

出品者の手元に商品が到着した連絡があれば、そこから事務局に連絡します。

双方の同意の上、取引のキャンセルを行います。

商品は出品者の手元に到着しましたので、キャンセルと返金処理をお願いします。

こんな感じの文章を送りました。

2日ほどで返金があると思います。

 

返金完了

一つ残念だったのは、メルカリの売上金をポイントにして支払ったので、全部ポイントになって返金処理されました。

しょうがないのだけど、なんか損した気分になります。

大体1週間で全部の処理が完了しましたね。

今回の場合は先方が受け取ってくれましたが、人によっては無視してそのまま保管期限が切れて帰ってくるなんて場合もあるみたいなので要注意。

 

メルカリの返品トラブルのチェックポイント

購入時に注意

今回みたいに写真は本物を使用して、商品は偽物が届くって詐欺も珍しくないみたいです

購入時には、出品者の評価は必ず確認して、あまりに同じものを売り過ぎてないか?を見ていた方が良いでしょう。

 

到着してからしっかり確認

商品が到着してからじっくりと商品を眺めてチェックしましょう

本物や本物の写真などと比べ、出品時の写真にも注意して見ておく。

 

決して評価をしない

上の時点で怪しい商品に関しては、絶対受け取りの連絡と評価をしてはダメ。

評価した時点で、メルカリの取引が完了することとなるので、事務局が介入出来なくなるみたいです。

時既に遅しという事にならない為にも確認事項をしっかりと見ておきます。

 

偽物の場合、突っ込めるポイントをしっかり持っておく

もし届いたものが偽物の場合は、しっかりと突っ込めるポイントを絞って連絡。

今回みたいに写真と物が違う場合は簡単に返品理由になりますが、写真と同じ場合には偽物と判断できるポイントが必要になるでしょう。

あまり高級品ブランド品はフリマなんかじゃ買わないのが良いと思いますが、しっかりと調べて非を認めさせられるポイントを考えてください。

 

まとめ:全ては自己責任なので、知識を持って取引しましょう

 

身の回りにも沢山偽物の横行する時代。

日本でも詐欺まがいの事は沢山あるので、全ては見破る力とそれを跳ね返す力も必要です。

個人間で取引しやすい時代だからこそ、騙される機会も増えてると思うので予防線をしっかり張って、騙されても保証のしっかりある場所を使って取引するのも手です。

今回は、勉強代としての時間を使いましたがとても良い経験させてもらいました。

コンバースの人気モデルは? 色や種類、値段の違いを詳しく紹介[スニーカー]

オールスターCT70のサイズ感や違い・履き心地レビュー

スポンサーリンク