30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑧内覧で家の寸法を取りに行く

 

まだまだ引越しの話の続きですね。

今回は、新居がやっと見れると言う事で内覧と採寸を兼ねてお邪魔しました。

内覧の際にチェックするべきポイントを紹介します。

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑧内覧で家の寸法を取りに行く

前回までの話

30代男の一人暮らし 大阪市内ワンルームから1LDKに引越し決定!①部屋探しの話

2019年1月27日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記②持って行く家具と新しく買いたい物の話

2019年1月28日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記③引越しまでにやるべき事リスト

2019年2月4日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記④予算50万円で新居に欲しい物リスト

2019年2月6日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑤引越し理由は隣人と環境の悪化

2019年2月10日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑥シモンズのマットレスが決定 島忠・ナフコを比較

2019年2月16日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑦家電・家具の処分の見積と決定

2019年2月28日

新居の内覧で部屋の採寸をするポイント

用意する物

 

新居を決めた際はまだ住人が住んでいまして、2月の末に退去されたと言う事でやっと新居の内覧に行って来ました。

事前に見て居た部屋とほぼ同じでも、やっぱり自分の住む部屋に入れるとテンションが上がりますね。

用意したもの

  • メジャー
  • メモ用紙
  • ボールペン

採寸する場所

採寸する場所

  • カーテンのサイズ
  • 洗濯機置き場の防水パンサイズ
  • 玄関の幅(家具の収納の関係)
  • シンクの収納の中
  • クローゼットの中
  • 寝室
  • リビング

特に入居日に必要な物の採寸は必ずしておきましょう。

 

私の場合は、カーテンと洗濯機の置き場をメインにしていました

あとは家具の配置を事前に考えてたので、その場所に本当に置けるのかを確認します。

結局洗濯機は、シャープのマンション用で人気の小型ドラム型洗濯機を購入しました。

モデルチェンジのタイミングなので、値段が底値から再び上昇中。

旧モデルは12万ほどですが、新型になると17万もしますのでお早目に。

防水パンの真下に排水があるので、こちらのかさあげくんで高さを作ってホースを通します。

 

あとコンセントの位置なども重要ポイント。

置きたい所に家電が置けない場合があるので要注意です。

入居してすぐに必要となる物は、必ずその日までに買っておくか、届く様にしておきましょう。

私の場合は、ベッド、マットレス、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、電子レンジ、カーテン類などを当日届く様に既に手配しました

全部新たに購入したので、かなり楽しみな新生活です。

今や50型でも6万円程度と、海外のブランドやドンキの家電は素晴らしいですね。

 

まとめ:必要な情報は入居前に調べよう

 

カーテンや家電などの住んですぐに必要な物は事前に必ず手配しておく事です。

私の場合は時間があったので、かなり吟味して色々と予算と値段を考えながら手配しました。

一人暮らしに慣れない人も居るでしょうが、事前に家の情報を自分で手に入れておきましょう。

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑨新居用に買った50万円分の家具紹介

2019年3月20日

第9話に続く。

関連記事

スポンサーリンク