雨の日の味方! リーガルのゴアテックス靴の実力や手入れ方法[レビュー]

スポンサーリンク

 

今回は珍しく仕事用の靴の紹介です。

ビジネスシーンで欠かせない革靴なんですが、雨の日用に使ってるリーガルのゴアテックス素材の革靴。

ビジネスマンなら1足は持っておくと非常に役立つ靴になってます。

リーガルのゴアテックス革靴

ゴアテックスは防水・撥水機能が高い

 

ジネスシーンで欠かせない革靴ですが、弱点としては雨の日の弱さですね

革は水分に対して敏感なので、高級な革靴を履いてると非常に気が気じゃありません。

それを克服するために作られたのが、ゴアテックスの生地を採用したリーガルのビジネスシューズ。

 

 

ゴアテックスは外からの水分は内側に入らないのに、蒸れてしまった中の水蒸気は通り抜ける事の出来る特殊な素材

高級なレインウェアは当たり前に使ってる素材なんですが、革靴の中にもそれを使ってるんですね。

雨の日にも気にせず歩けて、水溜りも気にならない最高の靴です。

 

蒸れにくいので快適

 

上に書いたようにゴアテックスを使う事で、靴の中の通気性がアップします

それにより、長時間履き続けてると革の靴の中は群れてしまい、湿気で気持ち悪くなるのですが、通常よりもかなり快適に感じます

これは、雨の日だけじゃなくて、普段からよく歩く人にはお勧めな機能性です。

 

履き心地はなかなか

 

流石に上位モデルと比べるとグッドイヤーウエルト製法ではないので、履き心地は最高とは言えませんが、そこは日本のビジネスシーンに向けた製品なので普通に履き心地はいいですよ

足のサイズが日本人向けにバリエーションも広いですし、インソールで細かく調整すればいいのでとりあえず困ることはないのがリーガル。

 

ソールは交換できないのが残念

 

革靴といえばソール交換をして、育てた革を半永久的に履き続けていくイメージですが、残念な事にソール交換はできない製法です。

それでも、雨の日をメインに履いて、晴れた日は他の革靴を履いていくと登場回数は少ないと思うので、自然と長持ちする様な気もします。

 

手入れは通常の革靴と同じ

 

最初手入れってどうすればいいのかな?と思ってましたが、買った時に聞いてみたら通常のメンテナンスと同じでいいみたいです。

①ホコリを馬毛ブラシで落とす

②ステインリムーバーで古いクリームを落とす

③無色もしくは、色付きクリームで革に潤いと補色

④豚毛ブラシで磨く

⑤布で綺麗に磨く

関連記事:REDWINGのベックマン9011を2年履いたレビューとメンテナンスのやり方

 

まとめ:ビジネスマンなら1足あるといいよ

 

普通に長距離歩く人は普段から濡れにくくて使いやすいと思うし、雨の日はどの靴よりも気を使わなくてとにかく楽。

帰ってから水分拭いて乾かすだけだから、気を使わなくていいのですよ。

ビジネスマンの味方になる素敵な靴ですよ。

 

レビューもチェック

 

 

スポンサーリンク