[実体験]賃貸マンションの床の傷を100円ショップで綺麗にしてみたよ

 

もうすぐ賃貸マンションの引越しとなるので、傷ついたフローリングを綺麗にしようと思い100円ショップダイソーで使えるアイテムを買ってきました。

誰でも床の傷を隠せる超便利なアイテムの紹介です。

[実体験]賃貸マンションの床の傷を100円ショップで綺麗にしてみたよ

退去時に気になるフローリングの傷や凹み

 

今の賃貸マンションには10年も住んでおり、至る所に痛みや傷、凹みなどが見られます。

流石に10年だと甘く見てもらえる気もしますが、余分なお金を取られるのも嫌なので、隠せる所は上手に隠してうまく誤魔化してしまおうという作戦です。

今回は、ホームセンターでも手に入るけど、近くの100円ショップでも売っていたのでこちらのアイテムを使って床の傷を隠してみました。

 

使うのは100円ショップダイソーに売ってる傷隠し

 

ダイソーのお部屋のアイテムのコーナーに売ってた「穴埋めウッドパテ

家具や床の傷を埋めるためのウッドパテとなってます。

パテなのでペースト状になっており、数分経てば硬くなるので、キズ隠しにはとても便利なアイテムとなってます。

 

 

そして、浅い傷に使うのは「キズ隠し棒」と言うクレヨンみたいなアイテム。

これは線傷みたいな軽い傷を埋める役割があり、なかなか便利なアイテムです。

100円ショップは本当になんでも売ってますね。

 

実際に使って見たら簡単に傷が埋まった

 

こんな感じの少し深めの傷をパテで埋めてみます。

 

 

必要な分だけヘラの上に出してから、ヘラを使って穴を埋めて行きます。

 

 

こんな感じで少し穴より多めに盛ってしまいましょう。

数分経てば固まるので、放置して他の穴にも埋めて行きます。

 

 

さてどこが穴だったか分かりますかね?

塗ってる自分さえも分からなくなる程に自然に埋まってくれました。

余分なパテをヘラで削ってから、濡れティッシュで拭いただけですよ。

 

 

ちなみに色が合うか分からなかったので、明るめのカラーも購入。

こちらだと明るすぎて丸分かりでした。

 

 

場所によっては浮いてしまう色ムラがあるので、こんな時は混ぜ合わせて色を合わせましょう。

 

色が合わなければ色を合わせて作る

 

明るめブラウン3:暗めのブラウン7位の比率で混ぜ合わせます。

 

 

つまようじを使ってしっかりと色を混ぜてあげます。

だんだん硬くなるので、素早く作業しましょうね。

 

 

かなり深く削れた穴ですが、この中に先ほどのパテを埋めてしまいます。

 

 

これもどこが穴だったか分かりますかね?

かなり自然に埋まってしまうほどナチュラルな仕上がりとなってます。

とても簡単に作業できるので、ぜひ気になるフローリングの傷がある際は100円ショップでこちらのアイテムを購入してみてください。

セリアにはパテは売ってなかったです。

もっと浅めの傷は、棒の方を使って軽く埋めてあげましたが、パテの方が綺麗になってお勧めです。

 

Amazonでも買えるものがあります

近くに無い方や買いに行く時間のない方にはこちらでどうぞ。


引越しの流れはこちらで書いております。

30代男の一人暮らし 大阪市内ワンルームから1LDKに引越し決定!①部屋探しの話

2019年1月27日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記②持って行く家具と新しく買いたい物の話

2019年1月28日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記③引越しまでにやるべき事リスト

2019年2月4日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記④予算50万円で新居に欲しい物リスト

2019年2月6日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑤引越し理由は隣人と環境の悪化

2019年2月10日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑥シモンズのマットレスが決定 島忠・ナフコを比較

2019年2月16日

スポンサーリンク