コンバースの靴紐を交換する時の長さを種類別に紹介[メンズオールスターの靴ひも]

スポンサーリンク

 

コンバースの靴紐を買おうと思った時に迷うのが靴紐の長さ。

自分の持ってるモデルが一体何センチなのか分からないですよね。

そんな時に便利な紐の長さを種類別にまとめてみました。

コンバースの靴紐を交換する時の長さを紹介

靴紐は種類とサイズによって違う

 

コンバースのオールスターは、OXとHIの2種類があります。

その2タイプの中でも、靴のサイズによって何種類かあるみたいです。

今回は、私の履いてる26.5cmと27cmの場合で紹介したいと思います

サイズの確認はこちらにて。

 

基本はハトメの数で長さが決まる

 

靴紐を通すためのハトメ(穴)の数によって、靴紐の長さが変わります。

私の持っているモデルを全て確認して今回は紹介したいと思います。

macco
ちなみにOXは、26.5cmと27cmの間でハトメの数が変わるので注意してください。

26.5cmのOX(ローカット)の靴ひもの長さ

ハトメの数

  • オールスター定番 6穴
  • オールスター100周年 6穴
  • オールスター日本製 6穴
  • オールスターADDICT 6穴
  • CT70 6穴
  • ジャックパーセル 7穴

紐の長さ

  • 100~120cmがベスト

27cmとハトメの数が違うので要注意です。

ジャックパーセルだけは、7穴になります。

 

27cmのOX(ローカット)の靴ひもの長さ

ハトメの数

  • オールスター定番 7穴
  • オールスター100周年 7穴
  • オールスター日本製 7穴
  • オールスターADDICT 7穴
  • CT70 7穴
  • ジャックパーセル 7穴

紐の長さ

  • 110cm~120cmがベスト

日本製のオールスターOXだけは、純正の靴ひもが超長いので120cmに替える方が履きやすくなります。

 

26.5と27cmのハイカットの靴ひもの長さ

ハトメの数

  • オールスター定番 8穴
  • オールスター100周年 8穴
  • オールスター日本製 8穴
  • オールスターアディクト 8穴
  • CT70 8穴

紐の長さ

  • 140cm~160cm

ハイカットに関しては、どれもハトメの長さが同じです。

基本的に純正の紐の長さが135~140cm位なので、一番上の穴かその下の穴で結ぶにはぴったりの長さになります。

 

 

ほとんどのモデルが135~140cmの靴紐を選べば問題ありませんが、長めに靴紐を使いたい場合は160cmを選ぶと足首に巻いたりしてアレンジできます

ちなみにCT70だけは純正の物が160cmになっていて、かなり長めなのでこの結び方がお勧めです。

 

おすすめの靴ひも

コットンシューレース

 

コットンシューレースは、日本製、ADDICT、CT70や海外企画物に使われているヴィンテージライクな靴紐です。

日本の一般的なモデルにはポリエステル製が多いので、これに交換するだけでオールスターのツウ好みの熟れた雰囲気が出ます。

 

伸びる紐

 

こちらは見た目よりも実用性を重視する方にお勧めの伸びるゴム紐

どれ位伸びるかと言うと、ハイカットのオールスターを結んだ状態で脱ぎ履きできるレベルになります

 

 

ハイカットの脱ぎ履きが、めんどくさいって方には非常にお勧めできる靴ひも交換です

丸紐

 

最後に紹介するのは、丸紐です。

一般的な平紐よりも滑りがいいので、締める際や弛める際に抵抗感がなくて簡単に紐の脱着ができます。

ゴム紐よりも耐久性があり、脱ぎ履きもしやすい靴ひもです。

カラーアレンジはおすすめ

 

個人的には同色系の紐の色はお勧めです

引き締まった感じや一体感が出て、靴がより際立つんですよね。

 

 

オールスターはラバーの白色の面積が多いのが特徴なんですが、そこで紐を同色に替えてみると全然違った印象に変わりますよ。

まとめ:靴紐は長さを間違えない様に

 

靴ひもの長さを間違えると足りなかったり、長すぎたりして履けなかったり、履きづらくなったりします。

事前に自分の靴ひもの長さを測っていくのは面倒って方は、今回の記事を参考にしてみて下さい。

コンバース関連記事

スポンサーリンク