コンバース CT70の靴紐を黒にアレンジして、アディクト風にしたみたよ

スポンサーリンク

 

久しぶりに購入したオールスターのブラック。

海外限定モデルのCT70というモデルですが、ブラックは街に溢れてるので普通に履くのも味気ない感じがして、ちょっとアレンジしてみました。

と言っても靴紐を変えてみただけ。

これだけで定番のコンバースが、ひときわ目立つ存在に変わりましたので紹介します。

コンバース CT70の靴紐を黒にアレンジ

 

オールスターの永久定番的なブラック

こちらのモデルは、海外限定仕様のCT70なんですが、99%の人が見れば普通のオールスター。

街でみんなが沢山履いてる普通のスニーカーですよ。

なんなら1日10人以上履いてるの見るんじゃない?って位街に溢れてるんですよね。

超履きやすくて、合わせやすいアイテムだけに普通に履くのも面白くないと思い、今回は靴紐をアレンジしてみました。

 

 This is…のコットンシューレースの黒

 

巷でちょっとだけ有名なコットン素材の靴紐

コンバースの紐は大昔はコットン素材だったのですが、コストの関係で最近の定番モデルはポリエステルの薄い物になってるんですよ。

CT70は70年代の復刻版なので、コットン素材の物が付いてくるんですが、今回はあえて交換するんです。

 

 

ちょっと残念だったのが、紐の太さ。

CT70や日本製のコットン素材のものよりも太い。

細いと結構シャープに見えるだけにちょっとだけ残念でした。

 

交換開始

 

靴紐を一旦外して、黒の物を取り付けていきます。

普通の人の10倍は1年で靴紐通してる自信があるので、結構早いですよw

この時点で確信しました。めちゃカッコ良くなる!

 

 

片足通してみましたが、想像以上にブラックで統一出来てカッコ良いでしょう

黒でまとまると重くなるんですが、CT70特有のハト目のシルバーの輝きが高級感を出してるのアクセントが効いてるんですね。

黒でまとまってしまえば、靴紐の太さなんてあまり違和感ないですね。

 

完成形

 

想像通りの姿になりました。

ハト目のアクセントとステッチの白が効いてめちゃくちゃバランスのいい感じ。

これは、定番や日本製にはない美しさですね。

 

 

サイドステッチのあるCT70だからこそのカッコ良さです。

これはHIでも試したいアレンジですよね。

 

 

パンツの色を考えなくても良い黒のスニーカーはとても便利。

黒のスキニーとかに合わせると、脚長効果も発揮しますよ。

関連記事:ユニクロのスキニーパンツは毎日使える最高のパンツ

 

イメージはこれでした

 

去年発売したアディクトのゴアテックスモデル

これみた瞬間にブラックアウトさせるまとまりの良さに共感を覚えました。

正直、コンバースでゴアって何するの?って笑ってたので、ちょうど良かった。

 

まとめ:靴紐アレンジはかなり使えます

 

この靴紐アレンジは簡単にできるスニーカーカスタムとして、とてもお勧めです

特にこの生成りのコットン素材は、今のモデルに付けるとオールド感が出て、ヴィンテージっぽさの良い意味での哀愁漂うオールスターが作れます。

 

 

90年代のモデルにしても、雰囲気がとても良い感じに出るのでかなり重宝しています。

汚れた時の交換にしても、そんなに高くなくて、費用対効果が実感できるので良いですよ

関連記事:オールスターの靴紐をコットンに替えるとおしゃれだよ

 

いつも楽天のショップで買ってます。

ローなら45インチで、ハイカットなら54インチを選んでください

日本のオールスターと違う履き心地を求める人におすすめのCT70

関連記事:コンバース CT70のサイズ感や違い・履き心地[レビュー]

 

関連記事

スポンサーリンク