冬に履きたいコンバース スニーカーを紹介[寒くない素材を選べ]オールスター・ワンスター

スポンサーリンク

 

寒い冬でもいつもの様に履きたいスニーカー。

コンバース好きの私も冬は流石にブーツを履くことも多いのですが、そんな極寒期にも履ける暖かいコンバースのスニーカーを紹介します。

素材違いでオールスターでも冬に履けるモデルもあるので、参考にしてみてください。

冬に履きたいコンバース スニーカー[暖かい素材を選べ]

キャンバス素材は寒い

 

オールスターに代表されるコンバースのスニーカーの大半はキャンバス素材と言われる薄い布生地で出来ています。

布=風を通し寒い=保温性がなく冬に履けない

オールスターの定番系だとこの方程式により、冬にめっちゃ寒いんですね。

とにかく風も通すし、保温性も無いし、ソールも薄いので底冷えもします。

正直、冬に履けるスニーカーではありません。

そんなコンバースの中でも、冬に履ける暖かいモデルを今回は紹介したいと思います。



オールスター 100周年

 

とりあえず買いやすくて、普通に年中履けるのに不思議なくらい暖かいのが100周年を記念したオールスター100というモデル。

ABCマートなどに行くと、今では一番スタンダードで売られていますね。

この100周年は何が良いのかと言うと、

  • キャンバス素材が分厚いので、保温性がある
  • インソールが分厚いので、底冷えしにくい

夏に履いてる時は若干暑いなぁと思ってましたが、寒くなってから履いてるとその他のモデルのキャンバスよりも遥かに分厚いので非常に保温性のある暖かさを感じられます。

しかも、インソールが非常に分厚いのでクッション性が良く疲れにくいのですが、そこのメリットを生かして冬に嫌な底冷えもし難いのです。

同じキャンバススニーカーに思えますが、100周年は冬にこそメリットを感じます

オールスター レザー

 

オールスターにあるレザー素材のモデル

所有しているのは過去にあった限定モデルですが、定番で売ってる物も本革なので保温性が高く冬にお勧めの素材となっています。

  • 防風性が高く、保温力を発揮
  • カップインソール内蔵で、定番モデルよりも底冷えし難い

革素材は群れてしまうイメージですが、その分保温性が非常に高く冬にぴったりな素材となっています。

オールスターには無いブーツライクな大人の魅力があるので、スニーカーでもちょっとドレス寄りの履き方が出来ます。

ジャックパーセル レザー

 

ジャックパーセルも冬にお勧めのスニーカーとなります。

今は持っておりませんが、レザー素材のモデルがこちらもラインナップにあります。

  • 防風性が高く、保温力を発揮
  • カップインソール内蔵で、定番モデルよりも底冷えし難い

こちらもレザー素材ならではの防風性・保温性を持ち、カップインソールなので、底が定番よりも分厚くなって底冷えしにくくなっています。

ブーツやハイカットでは動き難い方には、ジャックパーセルはお勧めです。

ワンスター

 

最後は、レザー素材といえばのワンスターですね。

ワンスターは、本革を使用したコンバースの中でも高級モデル。

風を通す隙間もないので保温力も比較的あり、冬でも履き易いスニーカーとなっております。

今ではかなり値段も上がってますので、街で被り難いと思います。

定番+αでインソールに工夫

今持ってるオールスターを少しでも暖かく履きたいなら、インソールに工夫しましょう。

こんな感じのフカフカの保温力の高い冬用インソールがありますので、1000円ちょっとで底冷えがかなりマシになります。

足元からの冷えってかなり辛いので、インソールだけでかなり変わりますよ。

靴下を分厚くしよう

もし靴下を分厚くしても履ける余裕があるなら、靴下を登山用の分厚いモノに変えるだけで足元の冷えはかなりマシになります。

特にブレスサーモなどの発熱素材やメリノウールの天然素材は冬にお勧めです。

手軽に買うなら、ユニクロのヒートテックの厚手モデル(2足1000円程度)でもマシになります。

まとめ:素材や工夫次第で冬でも快適

 

どうしても冬はブーツに逃げてしまいますが、工夫次第ではコンバースのスニーカーも普通に我慢せず履けちゃいますよ。

ぜひ上記のモデルや方法を試してみて下さいね。

個人的には季節感を楽しみたいので、冬はブーツ率高いですけどね。

コンバース関連記事

スポンサーリンク