7年履いてるダナーライト30周年モデルのレビュー・手入れ方法[ブーツ]

スポンサーリンク

 

ブーツは履けば履くほどにアジが出て来るんですが、今回紹介するダナーライト7年物はかなり使い込んで良い感じです。

2009年の発売からもうすぐ9年。

購入してから7年経ったブーツの定期メンテナンスを紹介します。

 

ダナーライト30周年のメンテナンス

ダナーライトとの出会い

 

ダナーとの出会いは高校生頃に釣り雑誌で見たプロの履いてた靴の印象が深かったんだ。

雨の日なのに長靴じゃなくて、ブーツを履いていた。

ゴアテックスのブーツなんてあるんだ!」って言う事を初めて知ったのだ。

まぁ軽い気持ちで値段を見たら5万円とかって当時の金銭感覚では意味が分からんかった。

だってコンバースを2~3000円とかで買って、セコセコ履いてたもんね。

ブーツなんていつ履くんだって感じでした。

 

そこから3年くらい経って、21、22歳位の頃に再びダナーのブーツに出会った。

メーカーの社長さんだったんだけど、ダナーライトを履いてたんですよね

気になって色々聞いてみると、ブーツに対する意識が変わったんですよね。

履けば履くほどにカッコ良くなっていき、ソールは簡単に交換できるので半永久的に履けるし、メンテナンスをきちんとすれば新品の時よりも好きになるって最高じゃないですか!

 

働き始めて3年も経つとお金も貯まって来るので、「よし!買ってやろう。」と思ったタイミングで発売したのが30周年記念モデル

タイミングといい、1000足限定とか「運命やろ?」と買ってしまったのが今のこれなんです。

 

もう7年も大事に履いてますが、ソールは2度交換しています

革はかなり柔らかくなって履きやすいし、ソールのふかふかな履き心地も変わらずです。

見た目はかなりボロボロになってますが、まだまだこれからでしょ。

そんなダナーのメンテを紹介します。

 

用意するもの

 

・ホースブラシ

・モゥブレイ デリケートクリーム

・ステインリムーバー

・ウェス(TシャツでOK)

・ミンクオイル(お好みで)

 

 

ダナーはゴアテックスでコーティングされてるので、革にクリームが浸透しにくくあまり塗っても意味がないと思うんですよね。

たまにデリケートクリーム塗るくらいで、基本はブラッシングや濡れたタオルで拭く程度にしています。

 

紐を外す

 

靴は必ず紐を外す。

これをやらないと中途半端にしか綺麗になりません。

慣れれば紐通すのなんて一瞬で出来ます。ほんと慣れです。

 

 

この隙間に汚れが溜まってるんですよね。

裏側の汚れ落としも大事ですよ。

 

まずは、ブラッシングで汚れを落とす

 

紐を外したらしっかりブラシで汚れを落としましょう。

特にアウトドアなどで履いてる場合は、ホコリや泥など多いと思うので、事前に外で大きな汚れを落としておくと良いですね。

 

クリーナーで汚れと古いクリームを落とす

 

ウェスにクリーナーを染み込ませて拭いていきます。

このダナーはコーデュラナイロンライニングと言う特殊な革を使ってるので、すぐに浸透していくんですよね。

あまり付け過ぎずに拭いていく方がいいですね。

 

 

全体的にしっかりと汚れを落としました。

アウトドアメインで使ってるので、つま先のダメージが凄いんですよね。

 

デリケートクリームを塗る

 

革の保湿にデリケートクリームを塗ります。

クリームなので付け過ぎずにゆるーく伸ばして広く浸透させていきましょう。

ウェスはクリーナーの時と替えましょうね。

これを塗る事で、革に栄養を与える事ができます。

 

 

先ほどと違って、革が落ち着いた感じにかなりました。

傷が目立ちますが、どうせ街用じゃないのでこんな位がちょっとワイルドでいい感じ。

最後にミンクオイルを塗れば傷消しとツヤは多少出ますが、用途的にどうせすぐ傷つくので最近はやってませんw

 

紐を通します

 

最後に紐を通して完成です。

軽くブラッシングして、表面を整えるといい感じになります。

 

全部で10分くらいで終了。

手間があまりないので、簡単なブーツです。

定番のモデルだと革の質がもっとピカピカなので、磨きがいがあるんですが、このモデルはシボなのでこの程度です。

それでも、今まで街で同じもの見た事無い位レアなブーツだと思うので非常に満足度が高いです。

ダナーは定期的に限定品があるので結構欲しくなりますが、足は2本しか無いので飛びつくの要注意ですよw

 

履き終わったらシューキーパを入れる

 

履いた後は必ずシューキーパーでシワを伸ばして、乾燥させましょう

脱臭・雑菌効果もあるので、靴の中を綺麗に保ちます。

 

<関連記事>

革靴・ブーツを履くならシューキーパーは必須アイテム!無印用品がお勧め

 

ダナーライトは永久的に履けるアウトドアブーツ

 

ダナーライトって本当にいつ、どこで見てもカッコいいブーツです。

ゴアテックスなので、雨の日に遠慮なく履けるし、メンテナンスも簡単だし、高いブーツの割にあまり何も気にしなくて良いのがポイント。

年に数回きちんとメンテさえすれば、20年でも30年でも履き続けられる作りだし、デザインも凄く洗練されてるので飽きないんですよね。

こんなブーツなかなか無いです。

たとえ誰かと被ってても、お揃いである事に誇りを持てるブーツです。

それくらい良いものだと確信しています。

冬に限らず、オールシーズン活躍するブーツなので、迷ってたらぜひ試着してみて下さい。

 

ブーツ似合う靴下はメリノール一択

寒い冬や登山ブーツにおすすめのメリノウールの靴下を3種類を紹介[レビュー]

2017.12.11

レビューも参考に

ブーツ関連記事

REDWINGのベックマン9011を2年履いたレビューとメンテナンスのやり方

2017.11.03

スポンサーリンク