豊中 あるごの湯 温泉と岩盤浴で楽しむ休日[漫画喫茶よりもお勧め]

 

最近ハマった岩盤浴通いが個人的に熱いです。

仕事帰りだったり、休日の半日を使って体をリフレッシュさせながらダラダラと過ごす時間って凄い贅沢ですよね。

今回も休日に岩盤浴に行ったので、1日の過ごし方を紹介します。

スポンサーリンク

豊中 あるごの湯 温泉と岩盤浴で楽しむ休日[漫画喫茶よりもお勧め]

今回行ったあるごの湯

 

今回行ったのは大阪府豊中市にある「あるごの湯

職場の近くであり、家からも一番近い岩盤浴のある温泉です。

温泉、岩盤浴、レストラン、エステ、マッサージと体のメンテナンスをゆっくり1日使って過ごせる施設でした。

クーポンもあるので、岩盤浴使う方は100円引きです

 

休日は岩盤浴でリラックス

※あるごの湯HPより

釜状のドームを使ったサウナが2つと40~50℃の岩盤浴が4種類ありました

個人的に高温のサウナは苦手なので入りませんが、岩盤浴は中低温でじっくりと汗を発散出来るので15~20分入ってると非常に気持ちがいいです。

こちらの岩盤浴を使うと休憩スペースに漫画コーナーがあります。

先月行った水春よりもちょっと少なめで、漫画のタイトルも古めでしたがある程度の人気作品は多くて、そこまで人も混雑してなかったので非常に快適に使えました。

 

岩盤浴の過ごし方

1.お風呂に入って体を温める

まずは温泉に浸かって体を温めておきます。

基礎代謝を上げておくと、岩盤浴でも汗をかきやすくなります。

 

2.岩盤浴に15分ほど入る

好きな岩盤浴に入って、あお向け、うつ伏せで交互に5分~10分寝て過ごします。

10分くらいでかなり汗が出てきます。

 

3.外に出てクールダウン

クールダウンの冷房施設に入り、しっかりとタオルで汗をふきます。

水を飲んでしっかりと水分補給もしておきます。

 

4.漫画を読んでリラックス(30~1時間)

長時間居る時は2~3冊読んでは、岩盤浴に入るを繰り返します。

漫画を読むのをメインで行って、合間に岩盤浴や温泉ってのが最高に気持ちがいいんですよね。

 

5.食事

お腹が空いたら食事を摂ります

基本的に施設はクーラーが効きすぎてるので暖かい物が欲しくなって、韓国料理の辛い系をよく食べます。

 

6.岩盤浴~漫画の繰り返し

漫画に目処がついたら岩盤浴に入って、また漫画を読んでの繰り返しですね

夕方が一番混むので出来るだけ午前中に行って、夕方帰るのが良いですね。

あとは仕事帰りの週末に行って、日付変わる前に帰るのがルーティーンになりそう。

4~5時間居たら漫画読んだだけで元が取れた気がしますよ。

 

7.最後は温泉を楽しむ

岩盤浴でかいた汗をしっかり流す為に温泉に浸かります。

こちらの温泉は、露天風呂も種類多いし、広いし最高に気持ちよかった。

個人的にお湯の温度が40℃位と長時間浸かってても苦じゃなかったです。

 

使ったお金

  • 入館料 900円
  • 岩盤浴 900円(セットクーポンで100円引き)
  • 水 120円
  • ランチ 880円

合計 2,800円

たった3,000円でとてもリラックス出来て、1日快適に過ごせるのって良いですよね。

月に1~2回の週末のリラックスタイムとしてお勧めです。

 

リラックスする休日は最高

 

個人的には消費欲とか物欲が全く無くなって来たので、休日は買い物って気分が全くありません。

そんな中で楽しいのが好きな場所に行ったり、何もせずにのんびりと過ごす休日です。

休みの日だから何処かに行くとか、みんな行ってるから自分も行くなんて馬鹿な考えを捨てて、休日だからこそのんびり過ごすってのは本当に最高ですよ。

家に居ても良いし、公園や河原で過ごすのも悪くないと思います。

副業頑張って早くお金を貯めて、夢に近づく準備するのも良いです。

とにかく周りのみんながやってるようなくだらない浪費だけで1日終わるのって本当に勿体無いですから。

琵琶湖の絶景温泉 水春で岩盤浴と露天風呂を楽しんだ感想[1日遊べる]

2019年7月29日

スポンサーリンク