コンバース オールスター日本製を4年履いた現在の状態を紹介[お気に入り]

 

私の持ってるコンバースの中でも特に好きなモデルと言えばブログで何度も紹介してる日本製のオールスター。

抜群の耐久性で、4年履いた今でも現役バリバリで活躍しております。

今回は、4年履いた日本製オールスターの状態を写真で紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コンバース オールスター日本製を4年履いた現在の状態を紹介

購入して4年履いた日本製オールスター

 

まず驚くのが、アッパーのゴムの耐久性。

つま先部は経年劣化して徐々に黄変してきておりますが、マメに磨いているので結構綺麗な状態を保っています

つま先は結構綺麗な状態を保てるのだけど、サイドのゴムがめっちゃ綺麗なんですよね

一番曲がって負荷の掛かる部分にヒビ割れはあるものの、この程度かって位のレベルでしか傷ついてないんですよね。

あまりじっくりと見てませんでしたが、改めて確認するととても驚きました。

もちろんゴムとキャンバスの剥がれも最小限で、この頻度で履いててこのレベルかっていう感じです。

コンバースのスニーカーを履いた後にする事はこれだけでOK[履く頻度・長持ちの秘訣]

2018年10月13日

中の耐久性も凄い

 

インソールにあるBOXロゴはほぼ綺麗な状態で残っております。

一番驚いたのが踵部の強さ

過去履いたオールスターならこの頻度だとボロボロになってるのですが、全然破れていない事に驚きました。

この辺りは作りの素晴らしさが出ておりますね。

 

 

そして、気になる中の破れなのですがこちらは現在進行形で破れておりますね。

流石にキャンバスが強くなっていても、ここの歩行時の擦れには耐えきれてないですね。

頻度を考えると定番とは比べものにならない位強いのですが、長く履きたいのでここはもっと耐久性が上がると嬉しいですよ。

当て布にしてくれたら最高ですね。

 

ヒールパッチも強い

 

ヒールパッチはシューグーを塗ってある程度のガードはしていましたが、結構ラフに履いていたのである程度磨耗しております。

それでも、ラベルはかなり残っていますし、何よりもプリントが強い事に驚いてます。

綺麗に削れてる左足なんかは、ALL STARの残り方がとても良い感じですよね。

日本製って本当に耐久性が凄いです。

靴やスニーカーのソール減り補修はシューグーで決まり!使い方と注意点を紹介

2017年11月12日

ソールも滑りにくい

 

あとソールの材質も違いますよね。

明らかに滑りにくい素材になっていて、オールスターの中でも雨降ってもある程度の安心感があります。

この辺りは100周年もかなり良くなってますよね。

 

靴紐は新品交換

 

靴紐は一度も交換してなかったので、何度も洗ってますが結構黒ずんで汚くなっております。

今回は、一旦外して靴を洗ったので思い切って新品に交換しました。

 

 

靴紐を新品に交換すると気持ち良いくらい綺麗になりましたね。

もちろん、拘りのコットンシューレースにしていますよ

純正よりも太くなっていますが、こっちの方が雰囲気出るんですね。

クラシックなオールスターの装いには、生成りのコットン以外ありませんね。

コンバース オールスターの靴紐をコットンに替えるとおしゃれだよ[裏ワザ]

2018年4月23日

履き心地の変化を感じない耐久性

 

何よりも一番のお気に入りポイントが、変わらない履き心地。

オールスター独特のソールの薄さを感じない日本製の製法は、本当に耐久性があって4年経った今でもかなり良いんですよね

他の日本製を履いていても、このハイカットの履き心地の悪さを感じないんですよ。

CT70とかだと明らかな履き心地の悪化を感じるほどにクッション性が悪くなるんだけど、日本製に関してはある程度の硬さがあって、しっかりとした履き心地があります。

コンバース CT70と日本製の違いを比較[絶対に日本製をおすすめの理由]

2018年11月29日

コンバース オールスター100周年と日本製の違い・履き心地・サイズ感の比較[オールスター]

2018年10月25日

まとめ:日本製がやっぱり大好き

 

オールスターの日本製と出会ってから本当にこのモデルが一番お気に入りなんですが、改めてもっと大好きになりました。

形もシャープで、キャンバス生地も上質でとても綺麗。

見た目だけの変化では分からない、ツウ好みの進化をしたオールスターです。

100周年も良いのだけど、値段以外の部分はやっぱり日本製が優ってると思います。

コンバース関連記事

スポンサーリンク