コンバース完全読本 110年記念の歴史を読んだよ[レビュー]

スポンサーリンク

待ちに待ったコンバースのコンプリートブック「コンバース完全読本」が発売されました。

マニアには嬉しいコンバース好きの為の歴史の詰まった1冊です。

あまりにも内容が濃かったので、中身をチラ見せしながら紹介します。

コンバース完全読本 110年記念の歴史を読んだよ[レビュー]

コンバースの歴史が詰まった1冊

コンバースのファーストモデルのレインブーツから、オールスターの原型となるビッグCが公開されています。

コンバースUSAには、コンバース博物館があると言う事でこれはぜひ行ってみたいですよ。

 

コンバースを作るパーツと工程も公開

オールスターの工場に潜入してオールスターを作る81の工程を披露。

各パーツのカットから組み上げるまでの工程は、いつも履いてる靴だからこそ知っておきたいポイントです。

1足が出来上がるまで、なんと180人もの人の手を経て完成するらしいですよ

 

歴代のモデルも登場

やっぱりみんな見たい年表ですね。

いろんな雑誌で特集見てますが、より詳しく描かれているので非常に歴史を感じられます。

 

年代別のヒールパッチのお悩みはここで解決出来るって位簡単に見分けられるページもあります。

 

モデル別の紹介も日本ならでは

こんな感じで日本のモデル別の紹介がありますね。

アディクトなんて紹介しても買えないのにもっと作れよって話です…。

日本製はこだわりの製法って所と、やっぱりムーンスター製ってのがポイントでしたね。

80年代秘蔵のラストを使って現代に蘇ったチャックテイラーらしいです。

個人的には、オールスターで最強モデルです。

 

ハイカットとは別物として捉えられてるOX(ローカット)モデル。

個人的にも別物だと思ってますが、やっぱり両方履いてこその良さがわかりますよ。

 

個人的に大好きなモデルである、ジャックパーセルに関しても結構コラボモデル含めて紹介されていました。

あんまりピックアップされないだけに嬉しい特集です。

 

他にもワンスターを始め、スキッドグリップやウェポンなどのモデルも登場しています。

なかなかここまで詳しい解説を見る機会がないので、貴重な資料ですね。

こう言ったコレクションが見れるのもムック本の良い所ですね。

過去に諦めた1足とか見ると、悔しい思い出が出て来ますよ。

 

まとめ

非常に満足度の高いムック本で、かなりの内容に興奮しながら楽しめました 。

コンバースを詳しく知りたい方やちょっと興味があるので、過去のモデルを見てみたいなんて方にはオススメですよ。

1000円でここまでまとめた情報は、とてもお買い得です。

コンバース関連記事

スポンサーリンク