コンバース オールスターの種類別サイズ感を紹介[表記の意味と失敗しない選び方]

スポンサーリンク

 

スニーカーってメーカーによっても、モデルによっても大きさや幅が全然違いますよね。

私の大好きなコンバースのスニーカーも、そのサイズ選びが結構難しかったりします。

今回は、コンバースのスニーカーを選ぶ時に失敗しない為のサイズ選びのコツや調整するコツを紹介したいと思います。

コンバース オールスターの種類別サイズ感と選び方

早分かりサイズ表

コンバースHPに載ってるサイズ表

USサイズ表記と日本のcm表記を分かりやすく並べてあります

 

サイズ表記場所

 

どのモデルも、ソールの真ん中辺にサイズが書いてあります

こちらには、cm表記ではなくUSサイズで書かれてますので気をつけて下さいね。

 

私のサイズ選び[Myサイズ]

  • 素足のサイズ:25.5cm
  • コンバース定番モデル:26.5~27cm(27cmはインソールを入れます)
  • コンバースレザー素材:27cm
  • コンバース100周年モデル:27~27.5cm
  • コンバース日本製モデル:26.5~27cm
  • コンバースアディクト:26.5cm
  • CT70:26.5~27cm
  • ジャックパーセル:27cm
  • ワンスター:26.5cm

こちらが私の履いてるコンバースのサイズ一覧です。

コンバースの型は、若干細めの作りの物が多いので素足よりも+1cm以上の大き目を買う人が多いです。

モデルによって若干違いますが、私の基準は27cmであればほとんど履けています

26.5cmにすると、素材の分厚さやインソールの厚さによっては、かなり窮屈に感じるものがあります。(特に100周年)

日本製やアディクトなどの日本規格モデルに関しては、日本人の足向けに作られているのでジャストサイズでも、問題なく履けるケースも多いです。

 

大き目を買ってもインソールで調整するのがお勧め

 

微妙なサイズ感ってありますよね?

26.5mだとジャストすぎるし、27cmだとちょっと余裕がありすぎる…

そんな時には、インソール(中敷)を入れましょう。

インソールを入れるメリットとしては、

  • 底が分厚くなるので履き心地アップ
  • 汗を吸ってくれるので、インソールだけ取って交換できる(中が清潔に保てる)
  • 靴のサイズの微調整ができる

こんな感じでメリットしかないです。

私の場合は、定番オールスターをわざと1サイズ大き目を買って、インソールで履き心地を上げて履いていますよ。

ハイカットならハーフサイズアップで脚長効果

 

ハイカットであれば、ハーフサイズアップ(+0.5cm)を選ぶ方も多いです。

何故かと言うと、オールスターHIはブーツライクに見えるスニーカーであり、少し大き目を履く事で脚長効果が出るんですね。

少し大きめの方がカッコよく見えるのでお勧めです。

でも、大き目を買うとユルユルになって歩きにくくないの?って思う方も多いでしょう。

実は足首まで固定する事が出来るので、ハイカットってめっちゃ歩き易いんですよ

ブーツを履いた事がある方ならなんとなく分かりますよね。

サイズが決まったら色を選ぼう

 

種類も色も豊富なコンバースのオールスターシリーズ。

最初の1足はどれを選べばいいの?って方は、下の記事を参考にしてね。

ハイカットでも脱ぎ履きが楽になる伸びる靴ひも

 

ハイカットを実際に履いてみると、「脱ぎ履きが非常に面倒だ…」て方多いですよね。

ブーツに慣れていない方なら、本当に面倒くさい紐を緩めて結ぶ作業。

そんな悩みを解決するのが、伸びる靴ひも。

これに交換するだけで、ハイカットでも紐を緩めずに楽々脱ぎ履きが可能になる、便利アイテムです。

通販なら無料で返品交換できるAmazonがいいよ

コンバースのスニーカーを通販で買うなら、Amazonはかなりお得です。

限定カラーでも半額レベルに割引してある場合もあったり、ファッションクーポンで10%OFFなんて日常です

楽天やヤフーも安いですが、一度Amazonをチェックしてから買うのがお勧め。

そして、Amazonから買えばサイズの合わない返品交換も送料無料で可能です

まとめ

 

お気に入りの1足を見つけて、素敵な毎日の生活をコンバースで彩りましょう。

靴が変われば気分も上がるし、毎日お気に入りを履いてると生活が楽しくなります。

そんな人生の大切な日々を共に過ごす、相棒は大切にしてあげましょうね。

コンバース関連記事

 

 

スポンサーリンク