[実体験]ドラム式洗濯機は一人暮らしを楽にする家事アイテムだよ!

 

一人暮らし歴15年目の私が買って良かった家電No.1に推すのがドラム式洗濯機

今年の引っ越しでシャープのドラム式洗濯機に買い換えたのですが、購入してからは本当にめちゃくちゃ家事を楽にしてくれる家電でした。

購入して良かったポイントや実際に使ってのレビューなどを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

[実体験]ドラム式洗濯機は一人暮らしを楽にする家事アイテムだよ!

購入したのはシャープ ES-E7

 

私が購入したのはシャープのドラム式洗濯機です。

洗濯容量が7kgで、乾燥容量が3.5kgの1~2人暮らしにちょうどいいサイズ

選んだ理由としては、防水パンに入る一番コンパクトなサイズであり、本体サイズも最小サイズのマンション対応サイズだった事

ドラム式洗濯機は、防水パンだけのサイズじゃなくて、そこまでの道のりが通せるサイズなのかが重要となるみたいです。

特にマンションの場合は、エレベーターや廊下の幅などに左右されて入らない場合があるらしく、サイズは買う前に要チェックです。

[レビュー]SHARP ドラム式洗濯機 ES-S7Cは一人暮らしにおすすめ![デメリッドあり]

2019年4月9日

ドラム式洗濯機を買って良かったポイント

  • 時間や天候に左右されずに洗濯出来る
  • 洗濯物を干す手間が無くなった
  • 音が静かなので寝てる間でも使える
  • 仕上がりがふっくらで、タオルが気持ちいい

時間や天候に左右されずに洗濯出来る

これは革命的だと思ったのが、いつでも洗濯出来る事

夜お風呂から出て、その日に着た衣類とバスタオルを入れてボタンを押すと、次の日の朝には洗濯から乾燥まで終わってます。

寝てる間に全部完了してるんですよね。

洗濯物を干す時に天気を気にする事なく、気温も気にする事なく、洗濯機に入れてボタンを押すだけでオールOK。

超楽チンに洗濯してくれるので、もうストレスフリーです。

 

洗濯物を干す手間が無くなった

これも革命的なのが、洗濯物を干す事が必要ないんですよ

一人暮らしや主婦の方なら、洗濯の手間の多さが嫌になると思います。

事実干してから、乾いた後に取り込んで畳むのってめっちゃめんどくさいですよね。

ドラム式洗濯機なら、干す事なく乾燥まで終わるので、洗濯物を畳むだけです。

ハンガー要らずで生活できるので超楽チンです。

 

音が静かなので寝てる間でも使える

 

縦型の洗濯機のイメージで思うと結構動いてる時の音がすごいうるさいのですが、全然気にするほどの音はしません。

夜に動かしてもほとんど気にならない程度で、そのまま動かして寝れるレベルでした。

最初の夜に本当に買って良かったなと思いました。

 

仕上がりがふっくらで、タオルが気持ちいい

 

乾燥機を使う仕上げになるわけですが、やっぱり仕上がりはふっくらな肌心地となってます。

最初の頃に何度かケチって乾燥機を使わずに外に干したのですが、もう生地が全部ゴワゴワでした。

この原因はドラム式特有の水の少なさと、タタキ洗いによるパイルの潰れで繊維が寝てしまうみたいです。

乾燥機前提で作られてる為、30分でも乾燥させて空気をしっかり含んだらマシになるらしく、全然違う仕上がりです。

それを知ってからはケチらずに全自動で乾燥まで仕上げる様になりました。

 

実際の電気代

 

1回の洗濯にかかる電気代が1.6円。

1回の乾燥にかかる電気代が43.2円。(170分の場合)

まぁ、乾燥まで出来て1回50円以下なら安いでしょう。

ほぼ2~3日に1回洗濯してるので、月に多分1000円前後位でしょうかね。

場合によっては60分くらいしか乾燥機を回さない事もあるので、実質もう少し安い気がします。

時間を買う計算をすると、むしろ1回50円程度でストレスフリーになるとめっちゃ安いと思います。

干すと取り込むだけでも毎回10分以上費やすので、これが全部無くなるとかなりの時間の節約になるでしょう

 

手間は毎回のフィルター掃除だけ

 

ただ手間がないかと言われると2つだけあります。

乾燥用のフィルターと、ごみ取りのフィルターを掃除する事。

 

 

時間にして1分も要らないので、慣れたら1つ10秒以内に流せます。

これを毎回忘れずにしないと、膨大なゴミが溜まってしまうので要注意です。

 

デメリッドは初期費用とサイズ

 

デメリッドがあるとすれば、価格でしょうね

最安モデルでも10万位は必要な為に安価な縦型と比較すると3倍以上です。

それでも、この時間の節約のメリットを最大限に活かせばすぐ元は取れると思います。

正直、20万出しても買いたいほどに生活が楽になりました。

 

 

あとは、置く場所を選ぶサイズ感

マンションだとかなりモデルが限られる場合があるので、狭い部屋だと置けないです。

購入時は、サイズだけはきっちり計って購入しましょう。

 

購入はAmazonが便利

家電量販店と比べると値段も安いし、設置も無料なので、Amazonでの家電の購入はかなりお得です。

実際に運んでくるのは委託業者なので、事前に確認の電話が入りますし、普通にネットで家電買っても怖くないです。

引っ越し時でも、直前に購入してなんの問題もありませんでした。

 

関連記事

30代男の一人暮らし 大阪市内ワンルームから1LDKに引越し決定!①部屋探しの話

2019年1月27日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記②持って行く家具と新しく買いたい物の話

2019年1月28日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記③引越しまでにやるべき事リスト

2019年2月4日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記④予算50万円で新居に欲しい物リスト

2019年2月6日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑤引越し理由は隣人と環境の悪化

2019年2月10日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑥シモンズのマットレスが決定 島忠・ナフコを比較

2019年2月16日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑦家電・家具の処分の見積と決定

2019年2月28日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑧内覧で家の寸法を取りに行く

2019年3月4日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑨新居用に買った50万円分の家具紹介

2019年3月20日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記10 直前の荷造りと部屋の掃除

2019年3月23日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記11 「引越し当日の1日の話」

2019年3月29日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記12 「新居のルームツアー」

2019年4月3日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記13 「引っ越して良かった所・悪かった所」

2019年4月11日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記14 「2ヶ月住んで気になる事を3つ紹介」

2019年5月22日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記15 家賃7万円 今年の生活費の目標[大阪]

2019年6月17日

スポンサーリンク