モンベル ジオラインで夏の汗を快適に過ごす[レビュー] エアリズムと比較も

スポンサーリンク

 

春夏秋冬オールシーズン着れる下着として万能なのがモンベルの作る「ジオライン」シリーズ。

元々ユニクロのエアリズムを気に入って着てたのですが、汗かくと乾かないし、臭いしで最悪だったんですよ。

そこで出会ったのが今回紹介するTシャツです。

モンベル ジオラインTシャツ

ジオラインとは

 

とても軽量なアンダーウエア。

特徴としては化繊でありながら肌触りの良さを持ち、速乾性にとても優れているので夏場の汗をかきやすい時期や冬場の激しい運動などにとても適しています。

MIYATAKE
オールシーズン活躍できるとても万能な下着となっています

ジオラインのメリット

驚異の速乾性

 

素早く汗を広範囲に拡散するマイクロファイバー繊維を使う事で、汗をかいた後の肌から生地に素早く吸い上げて広範囲に拡散

そうする事で汗を素早く放出して、乾燥時間を大幅に縮小してべたつきが最小限に抑えられるんです。

寒い時期の山登りやスポーツでは、運動後の汗により体温が奪われる危険性があるのでとても重要な事なんですよね。

MIYATAKE
とにかく汗をかく時期に限らず、汗が出た後の状態が長く続かないと言う事は非常にありがたいです

 

持続する保温力

 

汗かく時期にお勧めと言った後に保温力と書くと???となりそうですが、ジオラインは時期に合わせて3つのタイプの生地の厚さが選べます。

特に寒い時期に着る場合は、動く時は汗を放出して、動かない時は空気の層を厚くして保温力がある事が大事になります。

薄いタイプでは保温力は気になりませんが、分厚くなると十分感じる事ができます。

 

銀イオンで臭わない

 

生地に織り込まれてる銀イオンが臭いの原因となるバクテリアを減少させて消臭効果を発揮します。

しかも、最初だけ効果あるワケではなく、半永久的に持続するそうです。

結構出張の時なんかはこれを2枚で交互に着たりしますが、全然違和感ないですからね。

最悪すぐ乾くので、ホテルの部屋で簡単に洗剤で洗ってます

MIYATAKE
出張や旅に重宝する下着となってますよ

ストレッチ性があり動きやすい

生地が結構伸びるのでワイシャツやTシャツの下に着てもかなり楽。

特にスポーツの際なんかは、動きやすくて良いと思います。

これ1枚とはいかないですが、重ねてきても違和感なく着れますよ。

 

ジオラインの凄さ

アンダーウェアとしてとても快適に過ごせる

 

MIYATAKE
特に夏場はこれを着てると汗冷えしないんで体にとても良いです

過去に着ていたユニクロのアンダーウェア エアリズムは着心地だけは最高だったのですが、汗かくと超冷たくなって、ベタベタ張り付いて、乾かなくて最悪の肌着になります。(風邪ひきそうだし、重くなるしで結局夏のパジャマになりました。)

MIYATAKE
ジオラインに変えてからはもう冬以外は年中着て居たい位快適になりました

冬は冬で最高の素材「メリノウール」があり、だいたいYシャツの時以外は5月から10月まではジオラインが活躍します。

 

MIYATAKE
値段的にも2000円代で買えるので、ヘビロテしても結構しっかり作られてて長持ちしますよ

今着てる2枚はどちらも1年半位着ています。

パンツは流石にゴムが伸びて来るので、1年位の命です。

 

厚さは薄手だけ使用中

 

厚さは3タイプ選べるのですが、一番薄い「薄手」のみ使用中。

冬に動くスポーツをしないので、保温が必要な場合はメリノウールのアンダーウェアを使っています。

ユニクロ エアリズムと比較

 

比較的近いモノと言えばユニクロが販売するエアリズムですね。

下着としての肌触りと着心地はまるでシルクの様なスベスベ感を持つエアリズム。

エアリズムのメリット

  • 着心地が気持ちい
  • 安い(セールなら更に安い)
  • いつでも買える安心感

エアリズムのデメリット

  • 汗が乾かない(汗冷え)
  • 汗かいたら臭いが凄い

 

 

  • エアリズム

安い、買い易いのはメリットなんですが、ちょっとでも汗を書くと凄いベタベタして乾かないんですよね。

大量の汗になると放出出来なくなって、凄い汗冷えするんです。

これがとにかく嫌になって、真夏の快適さはジオラインが圧倒的な感じです

 

 

ジオラインは、マイクロファイバー繊維で汗の吸水と放出が早いのでベタベタしない

でも、真夏じゃなければエアリズムは安いし、着心地良いですよ。

 

私の使ってるもの

 

ジオライン L.W 半袖

丸首とVネックを服によって使い分けています。

ジオラインL.W.トランクス

夏場に通気性も良くて、汗かいても快適なパンツ

 

メリノウールとの使い分け

 

私の感覚では、

  • ジオライン…動く時や汗かく時期に着ています
  • メリノール…運動量の少ない時や保温性が欲しい時期に着ています

特にメリノウールの場合は、動くとそれなりの発熱を生むのでかなり暑いです。

MIYATAKE
結構色んな所で夏場のメリノも大丈夫って書いてますが、5月過ぎると着る気になりません…

 

 

MIYATAKE
秋から春先までは長袖のメリノウール。

そこから暑くなるまでは半袖のメリノウール。

暑い時期はジオラインの半袖。

こんな感じの使い分けです。

まとめ:夏の快適下着としてお勧めです

 

一度着るとやみつきになる肌触りと軽さで虜になる事間違いなしのジオラインの下着。

ユニクロみたいに汗かいて最悪ってケースもなく、流石にアウトドアブランドは良く出来た素材使ってるなと思います。

ぜひ夏に限らず1年中使える素材なので、日常を快適に過ごす為に取り入れてみてください。

アウトドアウェアのお勧め紹介

スポンサーリンク