毎日100円貯金の勧め! 1日100円を続けるコツと目標期間・金額の設定

スポンサーリンク

 

毎日100円貯めると365日あればなんと35,600円貯まります。

1日ジュースを我慢する事で、10年なら35万も貯まる計算です

年単位で思うとそんなもんかと思いますが、積み重ねて行くと凄く大きな達成感があります。

ぜひ貯める習慣を身につけて、普段から節約する事の大切さと貯蓄できる体質になりましょう。

 

毎日100円貯金

 

私はお金が大好きです。

学生の頃からほんとにケチケチした習慣でお金を貯める事ばかり考えてました。

少しでも安く買ったり、少しでも節約したいと思うばかりで損得感情が働いて本当に貧乏くさい時期もありましたが、そのおかげでお金が貯まる体質になってます。

お金を貯めるにはまず貯金を習慣にする事。

そして、無駄な出費を避ける事。

この2つは特に大事。

今回は実体験を交えながら紹介したいと思います。

 

毎日貯金する習慣を身につける

 

いきなり1万円を貯金しようと思うと生活が苦しくなりますよね。

物事を極端にすると色んな所に弊害が出てしまうので、ある程度お金に余裕がなければ、日々小さな金額をコツコツ貯めていくのがオススメ。

特に毎日金額を決めて、中身の取り出せない貯金箱に入れるのは効果的ですね。

冒頭でも書きましたが、100円を毎日入れるだけで年間35,000円貯まるんです。

缶ジュース1本我慢するだけで、無理なく3万円貯まるんですよ。

これって結構凄いボーナスみたいじゃないですか?

目に見えて貯まっていくとやる気も出ますし、何より日々の習慣が変わるんですね。

 

小さな節約は大きな節約に変わる

 

コツコツ型でお金が貯まっていくと、目に見えて貯金が楽しくなります。

そうなると「もっと貯めたい」と思う様になるので、不思議と節約体質になるんです。

コンビニに寄って買うものをスーパーやドラッグストアで買うと少し安かったり、ほんとに必要かどうかの見極めもできる様になります。

体質が節約思考になってくると、もう人は変わります。

買う直前に思いとどまって、本当に必要なのか?と自問自答できる様になれば完璧ですね。

 

目標金額と必要な時期から逆算しよう

 

大事なのは何か買いたい物があるなら、その買いたいものの値段と買う時期を決めます。

それに対して毎日幾ら貯めていくのかを考えましょう。

 

例えば1年後に5万円のものが欲しい。

期間と日数で逆算します。

そうすると1日あたり137円貯めると365日後には5万円貯まります。

1ヶ月あたりたったの4,170円だけで良いんですよ。

 

来月5万円の物を買うとなるとすぐに5万円を捻出しないといけないのですが、こうやって少し時間を設けてやると毎日又は毎月積み立てていけば凄い簡単なんですね。

お金だけじゃなくこれは考え方のひとつで、夢だったものに手が届くってのが凄い大事で、諦める前にまず夢への逆算をしましょう。

 

貯金箱は何でも良い

 

私の場合は開けられないようにウィスキーの瓶に貯めていますが、これはペットボトルにカッターで切り込み入れるだけでOK。

わざわざ貯金箱を買うのも100円以上掛かるので、そこに投資するのも無駄です。

空き缶でも良いし、コップでも良いと思う。

身近にある物に入れて行く習慣をつける事が一番大事であり、用意する為に頑張る必要はありません。

 

やがて大きく貯まっていく

(上の写真から3ヶ月後くらいの写真です。)

 

こうやって一つの事が達成できると、「自分にも出来たと言う自信が付きます

それが次への一歩を踏み出すきっかけとなり、5万円が10万円となり100万円でも夢じゃなくなります。

小さな目標をコツコツと達成する事で、やがて大きな目標が苦じゃ無くなるマインドが手に入るんですね。

将来的に車が欲しい、家が欲しいなどといった大きな買い物もしっかりしたプランニングをする事で、現実的な思考が出来る様になっていきます。

 

貯蓄の第一歩は先取り貯金

 

そして、貯められる体質になると一番大事なのが給料を先取り貯金して、貯金専用の口座に移す事

最初から無かったものにして、生活資金を捻出する割合を変えないのがポイント。

最低でも給料の20%を先取りして置くのがいいですね。

金額じゃなく、割合で決めるのがバランスの変わった時にも対応できるのでオススメ。

 

 

こんな感じでパーセンテージで支出を考えましょう。

関連記事:一人暮らしの節約ポイント紹介 5つのコツを押さえよう

 

お金はしっかりした勉強が必要

 

お金って人生において非常に重要な物なのに日本人はここに凄く無頓着。

日本の教育ではお金の仕組みや使い方などを教える授業がないんですね。

そのくせいきなり働き出した途端に税金は引かれ、生活費は掛かる。

挙げ句の果てに自分で年金を貯めていかないと将来不安になります。

 

昔は「なんでこんなに本屋にはお金の本あるんだろう?」と思ってたのですが、お金の本質を知るためには必要不可欠なものだという事がわかりました。

[お金の勉強]これまでに読んだお金の本のおすすめ20冊紹介

オススメの本を紹介しています。

 

貯金以外にも資産運用は大事です

土屋鞄 Lファスナー 使用レビュー 薄い財布でミニマリストな生活の勧め

2017.11.10
お金の使い方を財布から考える

楽天証券の投資信託で30歳から資産運用を始めてみたよ(実績公開)

2018.05.14
資産運用を始めてみる

おまかせロボット投資 ウェルスナビをで10万円からの資産運用をはじめてみた

2017.11.05

積立NISAで選んだのは「楽天全米株式」 初心者が30歳から始める資産運用[実績公開]

2018.05.18

楽天証券で個人年金(IDECO)に加入して30歳から資産運用を開始した話[実績公開]

2018.02.26

スポンサーリンク