コンバースの人気モデルは? 色や種類、値段の違いを詳しく紹介[スニーカー]

スポンサーリンク

 

コンバースって結構種類がありますよね。

オールスターだけ見てもなんでこんなに値段が違うの?と思う位に「見た目は一緒でも、値段は倍以上違う」なんて事もある位です。

今回は、コンバースの種類を細かく紹介して、その中での細かい違いを紹介しようと思います。

コンバースの人気モデルと種類の違い

一番人気は、オールスター

 

コンバースと言えばオールスターです。

他は知らなくても、これを知らない方は居ない位有名なモデルですね。

王道のローテクスニーカーであり、100年経っても変わらないディティールで世の中に愛されるファッションアイコンとなってます。

 

オールスターの基本

 

オールスターの基本として知って欲しいのは、ローカットと呼ばれるOX(オックスフォード)とHI(ハイカット)の2種類

履きやすさや合わせやすさで色々と迷うかもしれませんが、これは完全に好みだと思うし、履きやすさの利便性もあり最初はOXが無難です。

 

生産国や素材の違うバリエーションが豊富

 

オールスターと言う一括りにしても、細かく見ると非常にバリエーションがあります。

・定番

・100周年

・日本製

・アディクト

・海外モデル(CT70等)

現在販売されてる中で、一般的なのはこれ位でしょうか。

この辺りの細かい違いを下にまとめていきましょう。

 

定番モデル

 

どこの靴屋さんに行っても売っているオールスターの基本モデル。

永遠の定番と言われ、100年前から変わる事ない形で進化を繰り返すローテクスニーカーの定番となってます。

大体街で履いている人が多いのはこちらのモデルです。

定番のカラーラインナップは、こちらの8色。

・生成り
・ブラック
・レッド
・チャコール
・ネイビー
・マルーン
・オプティカルホワイト
・ブラックモノクローム

これ以外のカラーは一時期の限定だったり、素材の違うモデルになります。

100年も販売しているので、様々なカラーがあるのが特徴ですね。

 

メリット

  • いつでも買える
  • 安い
  • どんな服でも合わせやすい

メリットとしては、やっぱりどこで売ってる買いやすさ。

汚れても、履きつぶしてもいつでも替えが効くってのは良いですよね。

値段的にも5000円前後で一番安い事。

どんな服装でも合わせられるデザインの魔力ですね。

 

デメリッド

  • 人と被る
  • 履き心地が良く無い

デメリッドは買いやすいのと人気なので、街で履いてる人が多い事。

これに関しては、別に気になりません。

それ以上に、ペラペラなソールが痛いってのがデメリッドですね。

これに関してはインソールを入れるだけで、簡単に履き心地が向上しますので下の記事を参考にして下さい。

100円ショップで改善できるので、みんなにやって欲しいテクニック。

ちなみにオールスターの定番モデルは90年代までアメリカ製でしたが、その後はインドネシアやベトナムなどアジア圏で作られています。

それ故にアメリカ製のモデルは、ヴィンテージとなり年々価値を増して凄い事になってます

私も一時期は集めてましたが、数年前に履かない靴は意味無いなと思い全部手放しました。

100周年

 

オールスターの生誕100周年を記念して販売されたのがオールスター100

見た目は同じに見えますが細部がアップデートされているので、例えば履き心地の大幅なアップデートやソールや生地の耐久性などが改善されています

 

日本製

 

今まで書いたオールスターはどれも海外で生産されているのですが、こちらのモデルは完全に日本で作られているMADE IN JAPANモデルです。

キャンバス生地に高級感があったり、ソールの耐久性がアップしたり、履き心地の改善があったりと今売ってるオールスターの中では一押しのモデルとなってます。

100周年とはシルエットが全然違うので、圧倒的にシュッとしてカッコいいですよ。

アディクト

 

日本で販売しているオールスターの中での最上位モデル

アディクト=中毒と言う意味を持った、コンバースを愛する人の為に細部がアップデートされた大変貴重な限定モデル。

平均1万円後半の価格ながら、発売日にお店に行っても買えないレベルのレアさです。

年に1度か2度しか販売されないので、オフィシャルHPをチェックしてください。

海外モデル(CT70等)

 

コンバースの海外ラインで販売されている70年代の復刻モデルが「Chuck Taylor All Star ‘70」通称”CT70“と呼ばれるモデル。

チャックテイラーとは、オールスターが誕生した時に着用していたバスケットボールプレイヤーの名前なんですね。

このCT70は、とにかく70年代のモデルを忠実に再現しています。

 

 

当時のディティールの細かな再現性が素晴らしく、海外ではこれが1万円以下で手に入るのが羨ましいレベルです。

履き心地は日本で売ってるモデルよりもソールが厚くて、結構フカフカな感じで定番と比べると雲泥の差。

 

 

当て布と言われる補強もあったり、耐久性も大幅にアップされています。

 

一応日本で手に入るサイトもあったり、メルカリでも多数出品されています。

ただメルカリは非常に偽物が多く見受けられますので、ご注意ください。(インスタで知らずに偽物アップして喜んでる方も多いです)

ジャックパーセル

 

オールスターの次に人気なのがこちらのジャックパーセルですね。

こちらも、バトミントンプレイヤーであった方のお名前がそのまま靴のネーミングとなっています。

生誕80年を超える非常に長い間愛され続けてるロングセラーアイテムですね。

 

 

特徴としては、つま先の通称“スマイル”と呼ばれる愛嬌のいいデザイン。

ヒールの“ヒゲ”と呼ばれる特徴的な部分ですね。

 

 

個人的にはローカットで選ぶならダントツお勧めなのがジャックパーセル。

カップインヒールが非常に分厚くて、フカフカな履き心地でオールスターの定番とは比べものになりません

オールスターほど人気が無い為に街でも被る確率が低いのも嬉しいポイントです。

ワンスター

 

こちらは74年に誕生したレザーバスケットシューズのワンスター

何度か復刻されつつも、材料のレザーの確保や技術的な問題からか、なかなか量産されず日本製が主として作られ続けています。

ほんとに何度も廃盤となっては復活して、値段も上がり続けてしまい現在では2万円ほどになってますが、その作りの良さと飽きのこないシンプルでカッコいいデザインは良いですよね。

個人的に過去4足所有してましたが、現在では写真の1足だけになってます。

レザーシューズならあえてコンバースじゃなくていい感がありますね。

 

スキッドグリップ

1940年に誕生したテニスシューズ。

スケートシューズとしても愛されているシンプルなのに可愛らしいデザイン。

知ってる人しかコンバースってのが分からないのも良いですよ。

ちなみにスキッドグリップは、現在は持ってませんが40代になったら履きたいなと思ってます。

ちょっと歳とった方が似合いそうです。

 

ジャックスター

STAR&BARSとも呼ばれる2本のラインをあしらったデザインで、ワンスターよりも先の1969年に誕生したモデル。

ワンスターと似ておりますが、実際は別物であり、ちょっとレア感もあります。

個人的には、ワンスターの方が好みなので履いていません。

 

シェブロンスター

CHEVRON & STARは1975年に誕生して色んなスポーツに愛されたモデルですね。

シェブロン&スターのマークをアッパーにデザインして、一目見たら分かるコンバースのアイコンでありながらも、ヴィンテージテイストが味わえる1足ですね。

こちらもあまり人気ないモデルですね。

 

まとめ

 

一括りにコンバースと言っても、かなりの種類もあり、その中でもオールスターなんかはかなり細分化した作りになってマニアック。

それでも、基本は分かって貰えたと思うので、購入時の参考にして貰えたらと思います。

関連記事

スポンサーリンク