30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記12 「新居のルームツアー」

 

ワンルームから1LDKのマンションに引っ越して1週間。

やっと落ち着いて来て、生活環境も出来上がってきたので、お部屋の中を紹介するルームツアーを写真で行います。

まだまだ未完成な部分も多いですが、お見せできる部分をアイテムと共にご覧ください。

スポンサーリンク

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記12 「新居のルームツアー」

前回までの話

30代男の一人暮らし 大阪市内ワンルームから1LDKに引越し決定!①部屋探しの話

2019年1月27日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記②持って行く家具と新しく買いたい物の話

2019年1月28日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記③引越しまでにやるべき事リスト

2019年2月4日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記④予算50万円で新居に欲しい物リスト

2019年2月6日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑤引越し理由は隣人と環境の悪化

2019年2月10日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑥シモンズのマットレスが決定 島忠・ナフコを比較

2019年2月16日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑦家電・家具の処分の見積と決定

2019年2月28日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑧内覧で家の寸法を取りに行く

2019年3月4日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑨新居用に買った50万円分の家具紹介

2019年3月20日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記10 直前の荷造りと部屋の掃除

2019年3月23日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記11 「引越し当日の1日の話」

2019年3月29日

引越しした1LDKのルームツアー

1LDKの間取りと家賃

新居の間取りはこんな感じです。

・家賃…62,000円

・共益費(水道代込み) …7,000円

 

前に住んで居たワンルームが、家賃・共益費で44,000円だったので25,000円のアップです。

広さ的にはほぼ倍くらいあるので、綺麗さも静かさも入れれば十分見合った金額だと思います。

 

玄関

 

玄関からリビングは真っ直ぐで結構狭目の廊下となってます。

玄関に全く収納が無く、靴箱すらないので突っ張り棚を使って上に靴を置いています。

スニーカー好きには、収納のないお部屋は結構困ります。

 

リビング

 

リビングの家具は、机とテレビ台とフラップチェストのみ

ここに靴の収納を置こうと思いましたが、余白を作っておきたいのでしばらくはこのままにしておきます。

 

キッチン周りはこんな感じですね。

上下に結構収納力があるので、別で棚を買わなくて良いのがポイントです。

ただ寝室への扉の所に冷蔵庫を置きたかったのですが、コンセントの関係上玄関側に置かないといけなくなったのがショックでした。

 

寝室

 

寝室はまだ出来上がってないので細かく見せられませんが、ベッドと本棚のカラーボックスのみです。

ここに窓が2つあるのですが、通常のカーテンの規格じゃ小さすぎるのでどうしようか悩み中。

日当たり良すぎるので、絶対的に遮光カーテンの必要性があるのですが、予算の関係上お悩み中です。

とりあえずシモンズのマットレスでぐっすりと睡眠取れて、朝まで起きません。

 

 

収納は写真のタイプのクローゼットが2つ。

意外と背が高いので、下に衣装ケースを置いてハンガーでアウターやシャツを掛けてから、上に突っ張り棚をつけて収納して居ます。

ほぼこれだけで収納が収まる高さなのが重宝しております。

 

 

2つある窓にブラインドを設置しました。

カーテンだとオーダーサイズになるので2箇所で2万円コース。

ブラインドならアルミ製でも3,600円くらいで収まったので安かったです。

夏と冬の快適さで上にカーテン取り付けるか考えたいと思います。

 

トイレ

 

トイレはこんな感じ。

こちらも高さがあるので、突っ張り棚を使って後ろを物置き場にしています。

雑菌の多いトイレに物を入れたくないので、この辺りは後々移動します。

 

洗面台&洗濯機置き場

 

洗濯機置き場も、洗面台の上も全部靴収納となっています

色々考えた末にここがベストとなってしまいました。

こちらも高さがあるので、置こうと思えばあと2段は収納可能ですね。

全自動で乾燥までできる洗濯機は本当に重宝しますよ

洗面台の下には、洗剤や靴のメンテナンス系を入れてます。

 

バスルーム

 

お風呂は普通のサイズですね。

拘れば広い所が良いのですが、家賃の関係もあるのでね。

元々ユニットバスなので、どう考えても広くなってますよ。

 

1LDKの良かった点

収納が多いから部屋を広々と使える

 

部屋が広くなると当然の様に収納部も増えますね。

広くなるから物を置くんじゃ無くて、広々と空間を使えるのが良いですね。

ワンルームだとキツキツに物を置いても、毎回退かさないと筋トレとか、写真撮影とか出来なかったのでスペースのある生活は非常にゆとりがあって良いですね。

ゆとりがある生活って、実は空間の広さが重要な気もします

 

寝室とリビングが別で生活にメリハリが生まれる

 

やっぱり居住空間が分かれて居る事で、生活にメリハリが生まれます。

ワンルームだとベッド置いて終わりだったので、終始そこでゴロゴロとしてしまいがちですが、部屋が分かれると寝るとき以外はベッドに居ないので必然とやるべき事に集中できます。

また、読書などのリラックスタイムも眠くならずにすむので良いですね。

 

静か

ワンルームの時にストレスだった壁の薄さ。

隣の部屋の音や廊下を歩く音だったり、上下階の生活音がめちゃくちゃ気になってました。

でも、こちらに来てからはその辺りが全く無くなったんですね。

物件的な問題もあるでしょうが、気分が本当に解放された気分でストレスが無くなりましたよ。

音に悩まれてる方は、物件の見直しするだけで本当に悩みが吹っ飛びますよ。

 

まとめ:引っ越して良かった

 

今回言いたい事は、マジでこれだけです。

本当に引っ越して良かったと思う。

広々とゆとりのある暮らしを出来るとストレスからも解放されて、気分も落ち着く事が出来るので本当に気分が楽ですね。

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記13 「引っ越して良かった所・悪かった所」

2019年4月11日

第13話に続く。

関連記事

スポンサーリンク