30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑥シモンズのマットレスが決定 島忠・ナフコを比較

引越しシリーズ第6弾は、今回の引越しで一番力を入れたい寝具選び。

腰痛持ちだし、寝る時くらいは至福の時間にしたいのでとにかく自分の気に入る最高の物を選びたかったんですよね。

そこで行き着いたのがシモンズのマットレスです。

今回は2週間に渡るシモンズのマットレスを購入するまでの話です。

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑥シモンズのマットレスが決定 島忠・ナフコを比較した結果

前回までの話

30代男の一人暮らし 大阪市内ワンルームから1LDKに引越し決定!①部屋探しの話

2019年1月27日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記②持って行く家具と新しく買いたい物の話

2019年1月28日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記③引越しまでにやるべき事リスト

2019年2月4日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記④予算50万円で新居に欲しい物リスト

2019年2月6日

30代男の一人暮らし 1LDK引越し日記⑤引越し理由は隣人と環境の悪化

2019年2月10日

今使ってるのは12年前ニトリで買った安物

現状寝てるのは、20歳の時にニトリで買ったベットです

多分ベットフレームとマットレスで4万しないような安物だと思います。

20歳の頃の財力と知識では、本当にこれが限界でしたw

まぁ、モノの良さが分かる様な時代でも無かったので、寝具に拘る意味も分からなかっと思います。

このマットレスの寝心地は繋がった針金みたいなコイル式なので、10年間使った今ではとにかく痛いんですよね。

よく今までこれに耐えてたなぁと思うレベルでヤバい仕様です。

それは、寝た後も体痛いし、腰痛も治らないわと寝具を求めて色々と回って見ました。

 

ナフコで出会ったシモンズのマットレス

ニトリに色々見に行った帰りにたまたま横にあったナフコに寄ってみたら、シモンズのマットレスを勧められました。

シモンズは、高級ホテルでも採用されてる程の最高の寝心地が体感できる高級マットレスなんですね

ぐっすり眠れて、朝から元気に。質の高い眠りと目覚めをお届けする、シモンズのベッド。秘密は、独自のテクノロジーで作り上げた「ポケットコイルマットレス」。ひとつひとつのコイルが独立した“点”となって睡眠中の身体をしっかり支え、正しい姿勢を保つから、翌朝の心地よさが違います。

※公式HPより

もう横になった瞬間から、驚くほどの気持ち良さで体を支えてくれているので、めちゃくちゃ心地よく寝られるんですよ

あまりに良すぎて、もう他のマットレスが霞んでしまうレベル。

マットレスの仕様は各メーカー違うのですが、点で支えてくれる独立式のポケットコイルは、面で沈まないので寝ていて楽なんですよね。

日本人に馴染深いフランスベットの場合は、沈み方が全く合いませんでしたもんね。

 

シモンズはめちゃくちゃ高い

※シモンズHPより

寝心地は最高だったのですが、もちろん値段も最高級となってました。

一番安いマットレスでも16万円で、最高級モデルになるとなんと60万円です。

大学生の初任給から、プログラマーの月給位しますもんねw

 

※シモンズHPより

値段の違いは、主にスプリングの長さと線径の太さ、そして中に使ってるウレタンなどの素材の差なんですよね

この細かい違いが分かるかと言えば、簡単に分かるから困るんですよねw

例えば一番安い5.5インチと6.5インチに寝た時の感覚って、めちゃくちゃ違うんですよね。

使ってる線径は同じでも、詰め物が変わって、厚さが増すだけでこんなにも上質な寝心地になるのかい‥って言いたくなるレベルです

 

欲しいのは20万円超えていた…

凄く良いなぁと思ったのが、こちらの「エグゼクティブ ニューフィット」と呼ばれるコイルが7.5インチで、線径が17mmの物。

 

6.5インチで17mmのニューフィットと比べても、3cm厚みの差がありモチモチとした表面の感覚がとても気持ち良いんですよ。

でも、20万なんて寝具だけ買うわけではないので、今回は出せません…。

そんな時にお役立ち情報があるですね。

 

シモンズとコラボした家具屋さんオリジナル商品

こちらはナフコとコラボしたシモンズのマットレス

先ほどの21万していた「エグゼクティブ ニューフィット」がなんと13万円で買えます。

これのカラクリに関しては、別注品としての素材の見直しだったりとか、中の構造の見直しで単純に安くなってます。

これが悪いかと言うと、確かに素材感は多少悪くなってるのだけど、基本的なスプリングの構造はシモンズの物なので、正直お値段的にはかなりお手頃ですよね

今回は、このコラボ品に絞って探すことにしました。

 

ナフコか島忠か?

自分の行ける範囲で家から5km以内に両方あったので、2週間の間に各店に2度試しに行ってきました。

どちらも店員さんに熱心に色々と教えて貰いながら、自分にあった適度な硬さを探します。

何度も寝比べて、寝返りを打って、横向きやうつ伏せになって感触を確かめます。

どちらも1時間くらい売り場で比べて、名刺を貰って来ました。

そこで分かったのが、両店舗とも好きだったのがほぼ同じ仕様と言う事。

 

ゴールデンバリューより、ニューフィットが好き

王道とされる線径1.9mmでかたさがふつうの「ゴールデンバリュー」よりも、線径1.7mmで細く柔らかい「ニューフィット」の方が自分には合う事がよく分かりました。

はっきり言って仰向けで寝れないので、横向きやうつ伏せで寝る事が多いんですよね。

そう考えると少しだけ柔らかめの方が良いのが比べるとよく分かりました。

スイートプレミアムになると2万円くらい値段が違いますが、パネル部分の中空綿は、『フィルケア/ポリティ配合綿』を使用する事で、若干モチっとした感触があるんですよね。

寝てると差は感じるのですが、これが2万円の差かと言われると微妙なんですね

ベットも買うとなるとマットレスは10万円以内に抑えたいのでこちらは除外。

ニューフィットを比べると、

 

・ナフコが厚さ25cmのセミダブルで99,0000円

・島忠が厚さ25cmのセミダブルで88,000円

ナフコは配送料は無料で、島忠が3,000円。

でも、島忠はTポイント3,000Pプレゼントという事で、島忠で買うことにしました。

 

島忠の店員さんの方が、色々と知識がレベル高くて色々と親身になって教えてくれたんですよね。

名刺も貰って、次に行った時もすぐに来てくれたのもポイント高いですよね。

あと、ナフコのマットレスは片面仕様と言う事で、島忠の方が面を替えられて良さそうだと思いました

ベッドも一緒に買ったよ

ベッドはニトリか楽天で良いかなと思ってたのですが、ニトリの商品見てるとガタガタするし、結構引き出しが粗かったりして3万円前後でも商品的に微妙…

楽天で人気のロウヤも実際届いてトラブルあるのも嫌なので、実際に届いて配置と組み立てもして貰える島忠で買う事にしました。

3万円の予算を遥かにオーバーする、45,000円でしたw

それでも、色合いもLEDの感じもかなり好きだったし、引き出しのスムーズさも良かったので変なベッド買うよりは良いかなといった感じです。

 

合計14万以内に抑えられました

最初は17万円くらいに思ってましたが、何度か試して行く事で自分の好みの硬さも良く分かり、マットレスの知識も付いたので価格を抑えて14万円弱で買う事ができました。

あとベッドパットとボックスシーツを買うので若干超えますが、予算通りに買い物ができて良かったです。

引越しまで1ヶ月半もあるので、配送便も余裕で時間帯抑えられて良かったです。

引越しが決まったなら、なるべく早めに買い物して配送を抑えておくのもポイントですよ

まとめ:マットレス選びは沢山試した方が良いよ

2週間のうちに6回もニトリ、ナフコ、島忠と周りやっと決まった寝具選び。

マジでネットのレビューとかあてにならないし、自分の感覚を実際に試してみないと寝具なんて選べません。

人生の1/3は寝る時間なので、寝具だけは本当にこだわりたいと思った32歳です。

引き続き新居の買い物話を続けていきますよ。



引越し時の不用品を一気に引き取ってもらえるオールサポートお勧めです。

関連記事

スポンサーリンク