コンバース オールスター1970s(CT70)は見た目も履き心地も最高でした

手に入れた海外限定で販売してるオールスターFirst String

70年代の復刻モノとして話題沸騰のアイテム。

日本での販売がないのでグアムに行った際になんとか購入しました。

実際に履いてみた感想や通常モノとの違いを紹介します。

スポンサーリンク

オールスター1970s First String

First Stringとは

本家、米国コンバース社の「First String/ファースト・ストリング」1970s 復刻チャックテイラーをベースにしたスペシャルモデルです。
コンバースのチャックテイラー1970年代仕様(Chuck Taylor 1970s)のシリーズ。
米国コンバース社とコンバースジャパンとは資本提携が行われておらず、全くの別企業です。
そのためFirst Stringは日本の販売店には流通いたしません。

※アマゾンより

コンバースって実は本家のUSAと日本の企業が違うために扱ってる物が全然違うんですよね。

日本独自の企画が毎月展開されたり、日本製やAddictなどの独自のモデルも存在するんですが、海外モノは一切入って来ない状況になってます。

そんな中で本家USAの企画で、1970年代のモデルを忠実に再現したFirst Stringが発売されました。

忠実な再現度合いが話題となりましたが、驚くべきはその値段の安さ

普通に日本でやれば1万円後半になりそうなモデルが、なんと90ドルくらいで売られているんですよ。

それはみんな日本製やAddictあってもこっち欲しくなりますよね。

日本でも買い付け業者が値段上乗せして販売したりしてましたが、どうしても現地で買いたかったので、グアムに行った際に買いました。

ほんとは黒欲しかったんですが、在庫もサイズも無くて諦めましたね。

見た目の違い

箱も当時の赤を再現。

今ではこのタイプの被せる箱が懐かしいね。

ソールの素材の違い

少し艶のある、黄色味の入ったトゥの素材です。

現行モデルよりも、ソールが厚くて、履いてても疲れにくいのが特徴です。

フカフカ感がすごくあって、これだけでも買う価値あります。

実は分かりにくいですが、ソールの素材も変わってます。

当て布で補強

見てすぐに分かるポイントは、このサイドステッチですね。

通称“当て布”と呼ばれるこの裏側からの補強は80年代までのオールスターの象徴となります。

通はこれを見ただけで「Oh〜!」ってなりますからw

ヒールパッチが三つ星

ここは逃せない所なんですが、ヒールパッチが三つ星となっていて、これは60~70年代のモデルが使ってたものを忠実に再現しています。

日本企画の去年発売した100周年もなんちゃってロゴが付いてるのですが、すごく安っぽいのが残念です。

紐がコットンシューレース

触れば柔らかで、厚みのあるコットン素材

現行のモデルはペラペラなので、私はわざわざコットンの靴紐を手に入れてほとんどのモデルを交換しています。

履いてみた感想

やっぱりフカフカで、現行モデルとは比べ物になら無い履き心地の良さを体感できます

長時間立ってる時や歩きの多い日は、通常モデルはかなり足痛いですからね。

普通になんでみんなあれ履けるんだろう?って思います。

当て布してあるので1年履いても全然ダメージも気になら無いですし、長く使えそうな感じです

通常でも5−10年履く人なので、これなら20年くらい大丈夫かもしれませんね。

まとめ:買うチャンスあるなら絶対買い

買えるチャンスがあるなら絶対手に入れた方がいいオールスターです。

Addict買える余裕あるならこれ2足買えるし、日本製よりも遥かに履き心地も見た目もいいです。(作りの良さと素材は日本製の方がいい)

日本でも実は手に入れられるお店がある

輸入業者などが販売してたりするので、在庫のある時はチャンスです。
海外で買うよりは割高になりますが、日本で履いてる人はレアなので目立ちますよ。

コンバース関連記事

私はコンバース歴が20年を超える、人生の半分以上をオールスターと過ごしたベテラン。そんなオールスターで一番許せないのが、ソールの薄さ。あのペラッペラの痛さに泣かされてきた人何百万と居るでしょう。デザインで選んでも、結局辞める人が多いのでここはひとつ100均で買えるある物を使って劇的に履き心地をアップさせる方法を紹介。
私の家には20足を超えるスニーカーや靴があるのですが、ある時これをカッコ良く飾れる方法ないかと考えました。そこで思いついたのが、お店のディスプレイを真似たシューズラックの製作。100円ショップを使い、DIYで短時間で出来る低予算の収納方法をご紹介。
オールスターのスニーカーを長く履いていると、踵のソールがすり減って来ますよね。あれってなんとか回避できないかな?と思ってる方多いと思います。そこでシューグーを使った補修方法と注意点を紹介。これがあれば未然にすり減りを抑えると共にヒールパッチも守れます。
毎日の足元には綺麗なお気に入りのスニーカーがあるとテンションが上がるのですが、履いていると汚れてきます。コンバースも汚れがアジになるんですが、それでも足元は綺麗で清潔な方が良いですよね。今回は定期的にやってるコンバースオールスターの洗い方を紹介。ちょっとした手間やアイテムで簡単に汚れを落として、白さを取り戻します。
去年からお気に入りで履き続けている靴下があります。rasox(ラソックス)と言い日本製の拘りのあるL字形状の特殊なモノ。セレクトショップで出会ってから、色んな所でちょいちょい買い増ししてたら、今では写真以外にも10足以上の保有量。とにかく足に優しく、履き心地が最高なので紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする