コンバース チャックテイラー CT70のサイズ感や違い・履き心地レビュー[海外モデル]

スポンサーリンク

 

手に入れた海外限定で販売してるチャックテイラー CT70(1970s)

70年代の復刻モノとして話題沸騰のアイテム。

日本での販売がないのでグアムに行った際になんとか購入しました。

実際に履いてみた感想や通常モノとの違いを紹介します。

メルカリやヤフオクでは、偽物が存在するみたいなので、そこも要注意です

オールスター CT70

CT70とは

本家、米国コンバース社の「First String/ファースト・ストリング」1970s 復刻チャックテイラーをベースにしたスペシャルモデルです。
コンバースのチャックテイラー1970年代仕様(Chuck Taylor 1970s)のシリーズ。
米国コンバース社とコンバースジャパンとは資本提携が行われておらず、全くの別企業です。
そのためFirst Stringは日本の販売店には流通いたしません。
※アマゾンより

 

コンバースって実は本家のUSAと日本の企業が違うために扱ってる物が全然違うんですよね。

日本独自の企画が毎月展開されたり、日本製やAddictなどの独自のモデルも存在するんですが、海外モノは一切入って来ない状況になってます。

 

そんな中で本家USAの企画で、1970年代のモデルを忠実に再現したCT70が発売されました。

忠実な再現度合いが話題となりましたが、驚くべきはその値段の安さ

普通に日本でやれば1万円後半になりそうなモデルが、なんと90ドルくらいで売られているんですよ。

それはみんな日本製やAddictあってもこっち欲しくなりますよね。

 

日本でも買い付け業者が値段上乗せして販売したりしてましたが、どうしても現地で買いたかったので、グアムに行った際に買いました。

ほんとは黒欲しかったんですが、在庫もサイズも無くて諦めましたね。

見た目の違い

 

箱も当時の赤を再現。

今ではこのタイプの被せる箱が懐かしいね。

ソールの素材の違い

 

少し艶のある、黄色味の入ったトゥの素材です

現行モデルよりも、ソールが厚くて、履いてても疲れにくいのが特徴

フカフカ感がすごくあって、これだけでも買う価値あります。

 

 

実は分かりにくいですが、インソールの素材も変わってます。

押したらかなり深く沈んでくれて、クッション製抜群の素材。

歩き疲れることの多いオールスターの極薄ソールと比べると天国の様なフカフカを味わえます

 

 

分厚いソールでしっかりと体を支えてくれるので、もう疲れるなんて言葉は要りませんよ。

履き心地の向上だけで、CT70は買う価値のあるスニーカーです。

 

トゥがシャープ

 

少し細身で全体的にシャープに感じる形になっています。

現行の100周年はかなりボテっとした印象なので、このデザイン製はとてもGOODです。

 

当て布で補強

 

見てすぐに分かるポイントは、このサイドステッチですね。

通称“当て布”と呼ばれるこの裏側からの補強は80年代までのオールスターの象徴となります。

これがある事により、補強された内側の一番破れやすい部分が強くなってとても長持ちします

現行モデルは、コストダウンの為に日本製含めてやってない製法なので、通はこれを見ただけで「Oh〜!」ってなりますからw

 

 

補強の無い定番モデルは、長い事履くと穴だらけになります…

 

ヒールパッチが三つ星

 

ここは逃せない所なんですが、ヒールパッチが三つ星となっていて、これは60~70年代のモデルが使ってたものを忠実に再現しています。

日本企画の去年発売した100周年もなんちゃってロゴが付いてるのですが、すごく安っぽいのが残念です。

 

紐がコットンシューレース

 

触れば柔らかで、厚みのあるコットン100%素材

現行のモデルはペラペラなので、私はわざわざコットンの靴紐を手に入れてほとんどのモデルを交換しています。

関連記事:オールスターの靴紐をコットンに替えるとおしゃれだよ

 

履いてみた感想

 

やっぱりフカフカで、現行モデルとは比べ物にならない履き心地の良さを体感できます。

でも、少し沈み過ぎる感じもするので、履き心地でいうとインソールのしっかりしてるアディクトの方が1日履いても楽だと思いますね。

長時間立ってる時や歩きの多い日は、通常モデルはかなり足痛いですからね。

普通になんでみんなあれ履けるんだろう?って思います。

当て布あるので1年履いても全然ダメージも気になら無いですし、長く使えそうな感じです

通常でも5年以上履く人なので、これなら10年くらい大丈夫かもしれませんね。

 

ただちょっとフカフカで、沈みすぎる気もするので、1回履いたらしっかりと間を開けて休ませないとクッションが回復するのに時間かかると思います

なるべくローテーションして履きましょう。

関連記事:コンバース スニーカーを長持ちさせる為の5つのテクニック紹介

 

サイズ感は、ジャストか-0.5cmがベスト

 

サイズ感は日本で売ってるものよりも少し大きく感じると思うので、ジャストサイズもしくは、0.5cm小さくても大丈夫です。

私の場合は、普段の日本の定番も、日本製も26.5cmか27cmを買うのですが、CT70の場合だと26.5cmでジャストでと27cmでキツく縛って良いくらいです。

ハーフサイズは結構日本では手に入れにくいので、小さめよりは大きめを買った紐の縛り方や靴下の厚さで調整するのがおすすめです。

 

偽物要注意

 

先日メルカリで買ったらまさかの偽物だったので、偽物が存在する事自体に驚きました

何パターンか偽物にも種類がある事が分かったので、騙されない様に買う時はチェックしてください。

特にヒールのラベル、インソール、当て布は要チェックです

関連記事:CT70の偽物と本物の違いは?見分け方紹介[メルカリ注意] 

 

<追記>ブラックのOXを追加した

 

久しぶりにど定番のブラックが欲しかったので追加しました。

メルカリで偽物だったので今回はアマゾンで購入しましたが、意外と安かったです。

早速、靴紐をカスタムしてみました。

関連記事:CT70の靴紐を黒にアレンジして、アディクト風にしたみたよ 

まとめ:買うチャンスあるなら絶対買い

 

買えるチャンスがあるなら絶対手に入れた方がいいチャックテイラーです。

Addict買える余裕あるならこれ2足買えるし、日本製よりも遥かに履き心地も見た目もいいです。(作りの良さと素材は日本製の方がいい)

 

日本でも実は手に入れられるお店がある

輸入業者などが販売してたりするので、在庫のある時はチャンスです。
海外で買うよりは割高になりますが、日本で履いてる人はレアなので目立ちますよ。

関連記事

スポンサーリンク